AERA dot.

美肌、ダイエット、冷え改善...目的別!「穀米」の選び方を伝授♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Beauty & Co.

ヘルシー米として人気の高い、きびや黒米、押し麦などの「穀米」。白米と比べて身体を温める作用も高いため、冬は積極的に選びたい炭水化物のひとつです。「穀米」と言っても、実はその種類や栄養価は様々。そこで今回は、美肌やダイエットなど目的別穀米の選び方をご紹介します♪
ビタミンたっぷり! 美肌に導く「もちあわ」
数ある穀米の中でも特にビタミンが豊富な「もちあわ」。肌荒れの原因として「糖質の過剰摂取」があげられますが、もちあわに含まれるビタミンB6は、糖質の代謝を促し、新陳代謝の働きを活性化させる効果が期待できますよ。さらに、もちあわには良質な血液を作る「鉄分」も白米の約6倍*! くすみの原因となる血行不良の改善にも役立ち、美肌へと導いてくれます♪
アンチエイジング効果を狙うなら「赤米」「黒米」
肌老化が気になる方には、アンチエイジング効果が期待できる「赤米」「黒米」がおすすめです。赤米や黒米には抗酸化作用という細胞の酸化を防ぐ働きがあり、老化の原因となる身体のサビの抑制を助けてくれますよ!
食物繊維豊富な「きび」はダイエット効果大♪
ダイエットや健康目的で穀米を選ぶなら、様々な栄養価がバランス良く含まれた「きび」を選びましょう。「もちきび」や「たかきび」には体脂肪のもととなる糖質や脂質の代謝を促してくれるビタミンBや、腸内環境を整え老廃物を排出に効果的な食物繊維も含まれています。カルシウムやタンパク質など日々の食事に足りない栄養素も豊富なので、穀米で迷ったら、とりあえず「きび」と覚えておくと間違いないですよ♪
腸内環境を整えて便秘解消!「そばの実」「押し麦」
ぽっこりお腹が気になる方には食物繊維が豊富に含まれる「そばの実」「押し麦」が◎。食物繊維には"便を柔らかくする水溶性の食物繊維"と、"便を押し出す力を高める不溶性の食物繊維"の2種類がありますが、そばの実や押し麦にはこの両方の食物繊維がバランス良く含まれています。腸内環境が整い便秘が解消されれば、ぽっこりお腹も解消されやすくなりますよ♪
鉄分豊富♪ 「ひえ」で冷え性改善
この時期つらい「冷え症」。日頃から「代謝が悪い」「汗をかきづらい」と感じる方も、血行不良の可能性が...。身体の細部にまで血液(栄養)が行き渡らず、循環作用が弱まり、冷え性や代謝不良に陥っているのかもしれません。そんな方はぜひ「ひえ」を取り入れてみましょう。鉄分豊富なひえが良質な血液を作るサポートとなり、血行促進効果が期待できますよ♪
いかがでしたか? 自分の体質や目的にあった穀米を上手に選んで、美味しく美bodyへと近づいてくださいね♪
*日本肥満予防健康協会(JOPH)より
【関連記事】
・ 【日本古来のスーパーフード】雑穀はダイエットと美肌にうってつけ♡
・ お粥がフォトジェニックに!?NY発「コンジー」が簡単&ヘルシー♪
photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。
※自分らしく、ていねいに美しく暮らすための〝きっかけ“がつまった美の応援サイト Beauty & Co. より


トップにもどる Beauty & Co. 記事一覧

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加