AERA dot.

キリリ眉にふわ眉...形も濃さも自由自在♡ブラシの使い分けで理想の眉をGET!

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

最近の眉メイクは、ふんわりと色がのるアイブロウパウダーを使う方法が人気ですよね。アイブロウパウダーはどんなブラシで描くかで、ふんわりとした眉からキリリとした眉まで、簡単に描き分けることができるんです。そこで今回は眉メイクのブラシの使い分けテクニックを紹介します。
アイブロウブラシでキリリ眉に、アイシャドウブラシでふわ眉に
左:毛先が斜めになったアイブロウブラシ/小さめのアイシャドウブラシ
アイブロウブラシで描いたキリリ眉
アイブロウブラシを使うと、パウダーがしっかり肌にのり、濃さやくっきり感が出しやすいので、キリリとした印象の眉に仕上がります。描く時は眉の毛流れに沿って、毛を1本1本描き足すイメージでブラシを少しずつ動かして、しっかり色をのせるのが◎。
アイシャドウブラシで描いたふわ眉
一方アイシャドウブラシを使うと、パウダーがふんわり肌にのり、ナチュラルな太さが出せます。ブラシを左右に細かく振るように描くと輪郭がぼやけ、よりふんわりとした眉に。眉尻はブラシの先端を使って描くと、細めのラインが描きやすくなります。
同一のパウダーで描いても、ブラシを変えるだけで眉の濃さも形も別物に! なりたい顔やメイクパターンに合わせてツールを変えるのがおすすめです。
スクリューブラシでイマドキ立体眉に
好みの眉を描いた後は、スクリューブラシを使って眉頭の毛を下から上に向かって立たせたら、立体感が今っぽいナチュラル眉に仕上がります。
眉を描く時のツール選びはすごく大事! ブラシを変えるだけで、ハンサム系にも癒やし系にも雰囲気を変えられるので、ぜひ試してみてくださいね。

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

※自分らしく、ていねいに美しく暮らすための〝きっかけ“がつまった美の応援サイト Beauty & Co. より

トップにもどる Beauty & Co. 記事一覧

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加