AERA dot.

試用レポートに関する記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 富士フイルム GF110mmF2 R LM WR、GF23mmF4 R LM WR  (2017.5.26)  アサヒカメラ

    中判デジタルGFX 50S用単焦点レンズ追加 富士フイルムGFX 50S用の交換レンズは着々とラインアップを増やしつつある。APS-CミラーレスのXシリーズ交換レンズと同様にその登場のスピードは目をみはるほど速い。GFX 50Sボディーと同時に発売された32~64ミリF4、63ミリF2.8、120ミ...

  • シグマ 135mm F1.8 DG HSM|Art  (2017.5.16)  アサヒカメラ

    高性能を狙った大口径中望遠レンズ その昔、交換レンズの三種の神器は28ミリと50ミリ、そして135ミリだった。特に135ミリは一眼レフユーザーにとって、次の一本となる代表的なものだったが、ズームレンズの台頭でそんなことは忘れていた。ただし、大口径の135ミリレンズとなると、今でも強い存在感を示してい...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.5.15)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *羽島めい(神宿)【本人からのコメント】――今回は原宿で...

  • パナソニック LEICA DG VARIOELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH.  (2017.5. 9)  アサヒカメラ

    大口径ライカ名第2弾は広角ズーム ライカ名を冠したDG VARIO-ELMARITシリーズとしては今年2月に12~60ミリの標準ズームがすでに発売されており、それに続く第2弾となる、マイクロフォーサーズ用の超広角ズームだ。同シリーズは50~200ミリの望遠ズームを開発中であることが公表されており、登...

  • シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM|Contemporary  (2017.5. 2)  アサヒカメラ

    10万円を切る軽量超望遠ズーム かつてバズーカ的なズームレンズといえば標準価格が30万円ほどの100~400ミリや80~400ミリで開放F4.5~5 .6の重量級ズームのことだった。それが最近では150~600ミリのズームレンズが人気で、少々影が薄くなった感も否めないが、レンズ単体でも1.5~2キロ...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.4.27)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *一ノ瀬みか(神宿)【本人からのコメント】――今回は原宿...

  • ハッセルブラッド XCD 3,5/30mm  (2017.4.26)  アサヒカメラ

    中判ミラーレスの超広角レンズ 中判ミラーレス機のX1D用の単焦点超広角レンズで、35ミリ判換算では24ミリ相当の画角になる。X1D用としては、45ミリF3.5や90ミリF3.2に続く3本目となる。夏には4本目となる120ミリF3.5マクロも予定されている。 開放F3.5。大口径を狙わなかったのは、小...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.4.18)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *神崎風花(sora tob sakana)【本人からの...

  • ソニー FE 100mm F2.8 STF GM OSS  (2017.4. 7)  アサヒカメラ

    最新Gマスターはボケを重視したSTFレンズ ソニーのSTF(SmoothTrans Focus)レンズとしてはAマウント用の135mmF2.8〈T4.5〉STFに次いで2本目になる、ボケ再現性を重視したレンズだ。通常のレンズでは点光源のボケは輪郭部が明確な円状になるけれど、本レンズはレンズ周辺にいく...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.4. 4)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *風間玲マライカ(sora tob sakana)【本人...

このエントリーをはてなブックマークに追加