トップ  >  アサヒカメラ  >  試用レポート

試用レポート シグマ 24〜105mmF4 DG OS HSM

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー | アサヒカメラ.netトップへ

 
 
 

シグマ 24〜105mmF4 DG OS HSM
リミテッドシリーズ初のズームレンズ

 
 なんと大胆な企画だろう。焦点域がキヤノンの代表的な標準ズームレンズEF24〜105mmF4L IS USMと同じなのだ。当然、シグマとしてもかなり気合を入れて設計したレンズだとみてよい。その気合は重さにも反映されていて、今回はEOS 5D MarkIIIで使ったが、驚くほど重い。レンズ単体で885㌘もあり、フィルター径は82mmだが、作り込みも秀逸で黒を基調とした高級感があるデザインはキヤノンのそれを凌駕するほど。もちろんOS(手ブレ補正)内蔵である。ただし、ズームリングは幅が広く先端にあり、フォーカスリングはその手前に細くあるので、せっかくのHSMモーターによるフルタイムMFが使いづらい。
 描写は純正レンズに真っ向勝負を挑んだ気概が感じられ、絞りや焦点域による性能変化もない。絞り設定は描写に影響しないが、広角域では若干、周辺光量が落ちる。ただし焼き込んだ程度の品のよいものなので問題はない。歪曲収差もよく補正されているので建築物をはじめ商品や静物撮影にも向いている。非常に優秀なレンズだ。

赤城耕一

 
 
 
長焦点域でも描写特性は変化なしで優秀。自然なボケ味。ただしEOSを使用する場合、純正レンズはデジタルレンズオプティマイザが使用できるメリットもあり、ユーザーはこれをどう考えたらよいか悩むところ
■80mm時・EOS 5D MarkIII・AE(絞りf8・320分の1秒・-0.7補正)・ISO200・AWB・RAW
 
コントラストが秀逸なレンズでシャープネスが非常に高いことが特徴。この性能なら、高画素機の特性も引き出せるはずだ
■35mm時・EOS 5D MarkIII・AE(絞りf6.3・400分の1秒・-1補正)・ISO200・AWB・RAW
 
 
■レンズ構成:14群19枚(非球面レンズ3枚、SLDガラス2枚、FLDガラス2枚)■最短撮影距離:0.45m■画角:84.1〜23.3°■フィルター径:Φ82mm■マウント:シグマ、ソニーA、ニコンF、キヤノンEF■大きさ・重さ:Φ88.6×109.4mm・885g■価格:13万1250円(実売9万8100円)
 
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加