dot.[ドット]

試用レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キヤノン PowerShot G9 X MarkII  (2017.3.16)  アサヒカメラ

    軽量1.0 型センサー機の画像処理エンジン変更 パワーショットGシリーズの最下位モデルG9 XがMarkIIにモデルチェンジ。撮影レンズや裏面照射型の総画素数2090万画素のセンサーは基本的に変わっていない。 MarkII最大の変更点は、画像処理エンジンがDIGIC 7になったことだ。これにより高感...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.3.10)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *みのる(じゅじゅ)【本人からのコメント】――じゅじゅの...

  • 富士フイルム X100F  (2017.3.10)  アサヒカメラ

    大型センサーコンパクトも4代目Xシリーズは、現在のX-Pro2の元祖モデル的な存在感があり、コンパクトカメラの売れ行きの動向とは関係なく、同社も大切にしたい特別なモデルなのだろう。2011年の初代から早くも本機で4代目となる。 APS-Cサイズで約2430万画素のX-Trans CMOS IIIで、...

  • 富士フイルム X-T20  (2017.3. 3)  アサヒカメラ

    上位機X-T2と同じ画質の小型・軽量機 富士フイルムX-T2のジュニア版とも呼ぶべきモデルだ。前機種X-T10の登場から2年を経ずしてモデルチェンジされることになった。 搭載センサーは約2430万画素のX-Trans CMOSIIIセンサー。X-Pro2/T2や新しいX100Fとも同等のセンサー。加...

  • タムロン 10-24mm F/3.5-4.5 DiII VC HLD (Model B023)  (2017.3. 1)  アサヒカメラ

    APS-C用広角ズームレンズが高級感アップ 2008年に発売されたAPS-Cセンサー用の10~24ミリF3.5~4.5(モデルB001)のニコン用とキヤノン用がモデルチェンジする。今回は新SPシリーズ風のデザインだが、SPの名はない。なお、ソニー用とペンタックス用は従来モデルが継続販売となる。 名前...

  • タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A025)  (2017.2.24)  アサヒカメラ

    手ブレ補正内蔵の一眼レフ用大口径標準ズーム タムロンの開放F2.8通しの70~200ミリズームには、手ブレ補正搭載のモデルA009と非搭載のモデルA001がある。A009のうちニコン用とキヤノン用がモデルチェンジする。 進化ポイントは新規光学設計で解像力およびコントラストの向上と色収差の排除、そして...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.2.17)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *みおり(じゅじゅ)【本人からのコメント】――じゅじゅの...

  • Lensbaby Trio 28  (2017.2.16)  アサヒカメラ

    三つのフィルターを切り替えられる Lensbaby(レンズベビー)の製品はモノによるが、主にレンズのティルトの作用や残存する収差を生かすことで、画面の一部のみにピントを合わせたり、ソフト効果を得ることでファンタジックな世界をつくったりと、個性的な再現を得ることができる交換レンズだ。ティルトも残存収差...

  • 三洋オプティクス SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  (2017.2. 9)  アサヒカメラ

    大口径超広角MFレンズ 最近では各社ともに超広角の大口径レンズのラインアップの拡充に力を入れているが、韓国のサムヤンオプティクス(三洋オプティクス)もそのひとつ。 今回使ったのは、標準レンズ並みの開放F値の単焦点20ミリレンズ。35ミリ判フルサイズ対応の本格派だ。MFレンズで、マウント部には電子接点...

  • 三洋オプティクス SAMYANG AF50mm F1.4 FE  (2017.2. 7)  アサヒカメラ

    サムヤン初のAFレンズはソニーE用標準レンズ 単焦点MFレンズで存在感を示すサムヤンから登場する初のAFレンズで、ソニーα7シリーズ用だ。 ソニー純正のPlanar T*FE50mm F1.4ZAと比べれば一回り小さいが、しっかりした金属外装で600グラム近い重さだ。「貧者のプラナー的に使えるか?」...


試用レポート過去一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加