AERA dot. 5th anniversary

試用レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • マイクロソフト Surface Dial  (2017.9.19)  アサヒカメラ

    パソコンをダイヤル操作で快適に サーフェス・ダイヤルは、パソコンの操作デバイスだ。ダイヤルをクルクルッと回転させるか、ダイヤル全体を上から押しこむボタンの単純操作。しかし、これが便利だ。 お絵かきソフトのSketchableのようにサーフェス・ダイヤルに対応していれば、ダイヤル操作で回転や拡大/縮小...

  • Rollei Vario Chrome 135-36  (2017.9. 8)  アサヒカメラ

    ISO200~400で使えるリバーサル 久しぶりのカラーリバーサルフィルムの新製品の登場だ。製品名は「ローライ バリオクローム」。今はなき「Rollei」の名前をつけられたフィルムである。パッケージにはMade in Europeの表記があるが、ドイツのMACO社による製造と思われる。MACO社は同...

  • サムヤン AF35mm F2.8 FE  (2017.9. 5)  アサヒカメラ

    超小型・軽量でもフルサイズ用AF 対応レンズ サムヤンオプティクスのフルサイズEマウント対応AFレンズの3本目は、鏡筒の全長が短いパンケーキタイプ。レンズ単体の全長は3.3センチで付属する被せ式のフードとレンズカップを装着しても4センチに満たず重さも100グラムを切る軽量コンパクトなレンズ。コンセプ...

  • コシナ ULTRON 40mm F2 SLIIS Aspherical  (2017.9. 1)  アサヒカメラ

    クラシカルなデザインのフォクトレンダー第2弾 往時のニッコールオートレンズに外観がよく似ていたフォクトレンダーNOKTON58mmF1.4SL IIS。これに続く第2弾の登場だ。 外観はNikkor Auto50mm F2の初期タイプと見紛うばかり。フォーカスリングのローレットは深く、指がかりがいい...

  • コシナ Milvus 1.4/35  (2017.8.29)  アサヒカメラ

    新光学系の一眼レフ用ツァイス コシナとカール ツァイスの協業による一眼レフ用M交換レンズのミルバスシリーズにF1.4の大口径35ミリレンズが加わる。 同社のクラシックシリーズには9群11枚構成のDistagon T*1.4/35があるが、今回のミルバスは11群14枚の新設計となり、デジタルカメラに最...

  • ファーウェイ HUAWEI P10 Plus  (2017.8.22)  アサヒカメラ

    ズミルックス搭載SIMフリースマートフォン 中国ファーウェイのスマートフォンのPシリーズといえば、ライカブランドのカメラを搭載し、スマートフォンカメラとしては画質に定評がある。第2世代のP10PlusではSUMMILUX-H1:1.8/27ASPH.レンズ、下位モデルのP10(実売6万8660円)は...

  • オリンパス Tough TG-5  (2017.8.21)  アサヒカメラ

    写真以外も記録するタフネス機 防水・耐衝撃・耐低温性能に長けたタフネスコンパクトに搭載された新開発の裏面照射型CMOSセンサーは、前モデルの有効1600万画素から、1200万画素になったが、画像処理エンジンは最新のTruePicVIIになった。拡張だがISO1万2800に対応し、前機種では画像サイズ...

  • ニコン AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR  (2017.8.18)  アサヒカメラ

    4.5段分の手ブレ補正の望遠ズーム AF-Sの前モデルの発売が2006年末なので、やっと出たかという感じの後継モデル。全長はわずかに長くなったが、少し軽くなり700グラムの大台を切ってきた。ステッピングモーター採用でAFは俊敏。特にワイドの70ミリ側では、ピント位置まで瞬時に飛ぶ感じが心地よい。手ブ...

  • タムロン 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)  (2017.8.15)  アサヒカメラ

    22.2倍/テレ端600ミリの超高倍率ズームレンズ 最近のタムロンといえば大口径単焦点レンズをはじめ、高描写性の新SPレンズ群投入が続いていたが、久しぶりにお家芸ともいえる高倍率ズームの登場だ。 この18-400mm F/3.5-6.3Di II VC HLDはズーム比で22.2倍、望遠端の35ミリ...

  • シグマ 24-70mm F2.8 DG OS HSM|Art  (2017.8.10)  アサヒカメラ

    高性能を目指した大口径標準ズーム シグマのレンズの中でも画質的に上のクラスのアートラインシリーズのDG(35ミリ判フルサイズ用)の大口径標準ズームレンズの登場だ。同じ焦点距離・開放F値としては、コンテンポラリー/スポーツ/アートの三つのラインに分けられる前から販売されている24-70mm F2.8I...


試用レポート過去一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加