dot.[ドット]

試用レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.4.27)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *一ノ瀬みか(神宿)【本人からのコメント】――今回は原宿...

  • ハッセルブラッド XCD 3,5/30mm  (2017.4.26)  アサヒカメラ

    中判ミラーレスの超広角レンズ 中判ミラーレス機のX1D用の単焦点超広角レンズで、35ミリ判換算では24ミリ相当の画角になる。X1D用としては、45ミリF3.5や90ミリF3.2に続く3本目となる。夏には4本目となる120ミリF3.5マクロも予定されている。 開放F3.5。大口径を狙わなかったのは、小...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.4.18)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *神崎風花(sora tob sakana)【本人からの...

  • ソニー FE 100mm F2.8 STF GM OSS  (2017.4. 7)  アサヒカメラ

    最新Gマスターはボケを重視したSTFレンズ ソニーのSTF(SmoothTrans Focus)レンズとしてはAマウント用の135mmF2.8〈T4.5〉STFに次いで2本目になる、ボケ再現性を重視したレンズだ。通常のレンズでは点光源のボケは輪郭部が明確な円状になるけれど、本レンズはレンズ周辺にいく...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.4. 4)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *風間玲マライカ(sora tob sakana)【本人...

  • ソニー FE 85mm F1.8  (2017.3.31)  アサヒカメラ

    α7用のお手軽中望遠レンズ 35ミリ判フルサイズのイメージサークルをカバーする大口径中望遠レンズ。85ミリといえば昔からポートレートレンズの代表格的な存在である。ただし開放値F1.4クラスの大口径レンズは常に注目されるけれど、F1.8~2ものは廉価版扱いで、話題になることは多くはない。 なお、ソニー...

  • サンディスク エクストリーム プロ SD UHS-IIカードリーダー/ライター  (2017.3.24)  アサヒカメラ

    UHS-II対応の高速SDカードリーダー 速いことはよいことだ。たとえ連写をしなくても、カメラボディーが対応していなくても、SDメモリーカードやリーダーをUHS-IIにすることには意味がある。 撮影からパソコンへの転送時間を短縮できることは作業効率に直結する。詳細は別掲の表を参照いただきたいが、読み...

  • キヤノン PowerShot G9 X MarkII  (2017.3.16)  アサヒカメラ

    軽量1.0 型センサー機の画像処理エンジン変更 パワーショットGシリーズの最下位モデルG9 XがMarkIIにモデルチェンジ。撮影レンズや裏面照射型の総画素数2090万画素のセンサーは基本的に変わっていない。 MarkII最大の変更点は、画像処理エンジンがDIGIC 7になったことだ。これにより高感...

  • 【連載】「パーフェクトブルー Tokyo Idol Portrait」  (2017.3.10)  アサヒカメラ

     写真家・小野啓が、自らの視点で選んだアイドルたちを活写。「あえて笑顔を撮影しない」というスタンスで、アイドルたちのリアルを写し撮る。使用機材:ペンタックス67II、マミヤ7II・90mmF2.8、80mmF4L・フジPRO400H*  *  *みのる(じゅじゅ)【本人からのコメント】――じゅじゅの...

  • 富士フイルム X100F  (2017.3.10)  アサヒカメラ

    大型センサーコンパクトも4代目Xシリーズは、現在のX-Pro2の元祖モデル的な存在感があり、コンパクトカメラの売れ行きの動向とは関係なく、同社も大切にしたい特別なモデルなのだろう。2011年の初代から早くも本機で4代目となる。 APS-Cサイズで約2430万画素のX-Trans CMOS IIIで、...


試用レポート過去一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加