第38回 木村伊兵衛写真賞の授賞式開催、受賞者のコメントを動画で配信

アサヒカメラ

今回の受賞者は菊地智子氏と百々新氏の2名となった (15:00)アサヒカメラ

今回の受賞者は菊地智子氏と百々新氏の2名となった (15:00)アサヒカメラ
 2013年4月23日、第38回(2012年度)木村伊兵衛写真賞の授賞式が東京・丸の内の東京會舘にて開催された。関連記事はこちら


 今回の受賞者は、菊地智子氏と百々新氏の2名。対象作については、菊地氏がグループ写真展「日本の新進作家vol.11 この世界とわたしのどこか」から「I and I」、百々氏は写真集『対岸』と同名の写真展が評価対象となった。

 選考については、岩合光昭、瀬戸正人、鷹野隆大の写真家三氏とアサヒカメラの勝又ひろし編集長が選考委員を務めた。




=受賞者のプロフィール=

きくち・ともこ
1973年東京都生まれ。96年、武蔵野美術大学卒。97年、香港に移住し、フリーとして活動を開始。99年、北京に移住し、欧米の雑誌を中心に活動。2006年から中国のドラァグクイーンの撮影を始め、受賞作にまとめた。現在、中国の急激な発展下における人々の心の揺れをテーマに作品を制作している。

どど・あらた
1974年大阪府生まれ。95年、「新しい写真家登場」グランプリ。97年、大阪芸術大学卒。2000年、「日本写真協会新人賞」。受賞作『対岸』は、世界最大の湖・カスピ海を囲む五つの国々で07年から撮影を重ねてきた。このほか写真集に『上海の流儀』(Mole出版)、『RUSH』(リトルモア・共著)がある。


■第38回木村伊兵衛写真賞 受賞作品展

コニカミノルタプラザ ギャラリーC(東京・新宿)にて、2013年4月23日~5月3日まで開催。












 選考過程など、発表に関する記事は「アサヒカメラ」4月号(3月19日発売)に掲載している。

=受賞者のコメント=


菊地智子氏のコメント



百々新氏のコメント




=選考委員からのコメント=


選考委員を務めた鷹野隆大氏のコメント



=選考要領=

対 象
毎年、1月から12月までのあいだに、写真の制作、発表活動において、優れた成果を挙げた新人に授与。対象となる写真活動は雑誌、写真集、写真展などで発表されたもので、写真表現のあらゆる分野を含む

資 格
対象者はプロフェッショナル、アマチュア、年齢を問わない


「木村伊兵衛写真賞」(主催・朝日新聞社、朝日新聞出版)について
故木村伊兵衛氏の業績を記念して1975年に創設。各年にすぐれた作品を発表した新人写真家を対象としていて、“写真界の芥川賞”と呼ばれることもある。

木村伊兵衛写真賞 歴代受賞作

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック