トップ  >  アサヒカメラ  >  テクニック

色表現編 被写体の色を正確に再現するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー | アサヒカメラ.netトップへ

 デジタルカメラにはあらかじめいくつかのホワイトバランスが設定されているが、より正確に色を再現したいなら、プリセットホワイトバランスを試してみよう。
 

■撮影条件に合わせたホワイトバランス設定により正確な色再現ができる

ホワイトバランス:「電球」で撮影

タングステン光が光源で、カメラのホワイトバランスを「電球」としたが、アンバーの色かぶりが残ってしまっている。

プリセットホワイトバランスで撮影

撮影環境にホワイトバランスを合わせることで、ノーマルな発色になる。商品撮影などでは積極的に使いたい。
撮影する環境でグレーや白のカードを写し込む。これがプリセットホワイトバランス設定のためのデータとなる。
 
グレーや白のカードを写し込む際は、プリセットホワイトバランスのデータ取得モードで撮影する。 プリセットホワイトバランスの設定画面で、取得した画像を指定する。

 デジタルカメラでの撮影では光源の状況によって被写体の色味がさまざまに変化する。そのため、光源に合わせたホワイトバランスを設定することが必要だ。太陽光で撮影する時は、ホワイトバランスを「晴天」に設定し、タングステン光源で撮影する時は、ホワイトバランスを「電球」に設定する。異なる光源が混ざっていたり不明な場合は「オート」に設定する。しかしよく言われることだが、条件によっては、正確な色再現をすることは難しい場合がある。
 作例はタングステン光源で撮影したものだ。色鉛筆を白バックで撮影している。上左の作例はカメラのホワイトバランス設定を「電球」にしているのだが、アンバーが残っている。使用したタングステン光とカメラにもともと設定されている「電球」の色温度が異なっているためだ。またホワイトバランスを「オート」にしてもやはりアンバーが残ってしまった(下右参照)。
 このような場合は、「プリセットホワイトバランス」を利用することで、自然な発色を実現できる。プリセットホワイトバランスとは、白やグレー(18%標準反射板が望ましい)のカードをあらかじめ画面いっぱいに写し込み、その画像データをもとにカメラがホワイトバランスを補正する機能のことだ。これによって撮影環境の色かぶりを高い精度で補正することができる。その際、適正露出で撮影することが重要となるので、カメラの自動露出ではなく、単体露出計で露出を測るのが望ましい。プリセットホワイトバランスを利用すると、商品撮影などで、被写体の色を正確に再現できるし、また、風景撮影などで利用してもより自然な発色が期待できる。
 なお、プリセットホワイトバランスの設定方法はメーカーによって多少異なる。右はニコンの場合だが、詳しくはそれぞれのカメラのマニュアルを参照してほしい。
 

ホワイトバランス:「晴天」で撮影

光源がタングステン光で、カメラのホワイトバランスが晴天の場合は、このようなアンバーかぶりのきつい画像となる。

オートホワイトバランスで撮影

ホワイトバランスをオートにして撮影したが、ホワイトバランスは完全に補正されず、アンバーかぶりが残った状態だ。

写真・文:関川真佐夫


このエントリーをはてなブックマークに追加