トップ  >  アサヒカメラ  >  テクニック

表現編 白い被写体を白く写すには

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー | アサヒカメラ.netトップへ

 カメラの内蔵露出計まかせで撮ると白い被写体はグレーに写る。
白い被写体を白として写すには、プラスの露出補正が必要だ。
 

■被写体に応じてプラス1.0~2.0EV程度の露出補正を行おう

露出補正なしで撮影

画面のほとんどが白の被写体で埋められている。カメラの内蔵露出計の測光値のまま(露出補正をしない)だと、このようにグレーに写ってしまう。

プラス1.3EV露出補正して撮影

白を白く再現するために、露出補正をして撮影した。この場合の補正値はプラス1.3EV。どの程度の白さが適当かは条件にもよるので、段階露出をして選びたい。
 
 白い物を白く撮影する場合、カメラの自動露出ではうまくいかない場合が多い。カメラの内蔵露出計は、反射率18%のグレーを撮ったとき、その濃度が再現されるような設定になっている。つまり、カメラ側から見ると、被写体は反射率18%のグレーと規定されているようなものだ。
 そのため、画面全体が白っぽいものはグレーと判断され、結果的にグレーに写るし、画面全体が黒もいものもグレーに写る。一方で、スナップ写真や記念写真がそうならないのは、画角の中にさまざまな明るさの被写体が存在し、全体としては平均的な明るさとしてカメラの露出計に捉えられるからだ。
 では、ここで白っぽい被写体を撮るケースを考えてみよう。白がグレーに写ることを避け、白を白として表現するには、カメラの露出計の値から1~2EVほどプラス補正をすればよい。作例は上左は露出補正なし、上右はプラス1.3EVの露出補正を行ったものだ。白が白として表現されているのがわかる。
 下はライティングを変えたもので、サイド光のみ(レフ光なし)で撮影したもの。下左よりも、プラス1.0EVほど露出補正をした下右の方が、卵や陶器の白さが映えるのがわかるだろう。  以上のように、白いものはプラス補正をすることで白く写すことができるのだ。

露出補正なしで撮影

上の作例とは光の条件が異なるが、これは露出計の測光値で撮影したもの。卵はちょうどよい白さと言えるが、特に陶器の白さが不足気味に感じられる。

プラス1.0EV露出補正して撮影

卵や陶器のハイライト部が飛んでいるが、全体的な白の再現としては、左の作例よりこちらのほうが好ましく感じられるのではないだろうか。

写真・文:関川真佐夫


このエントリーをはてなブックマークに追加