AERA dot.

[コンテスト](公財)日本自然保護協会が会報誌の表紙を飾る写真を募集中!

このエントリーをはてなブックマークに追加
アサヒカメラ

昨年のフォトコンテストで優秀賞を獲得した森 繁寿氏の作品「エゾリス」が表紙を飾った2015年11.12月号

昨年のフォトコンテストで優秀賞を獲得した森 繁寿氏の作品「エゾリス」が表紙を飾った2015年11.12月号

同作品が表紙を飾った2015年11.12月号

同作品が表紙を飾った2015年11.12月号

 (公財)日本自然保護協会(NACS-J)では、同協会会報誌の表紙を飾る写真を公募するフォトコンテストが現在作品を募集中。同コンテストは今回で3回目となる。

【これまで会報の表紙を飾った動植物の写真を見る】

 1960年11月創刊のNACS-Jの会報誌は従来、今森光彦氏、叶内拓哉氏、栗林慧氏、宮崎学氏等の著名写真家の作品で表紙を飾ってきたが、一昨年度からフォトコンテストにより一般から公募した作品を表紙に採用している。

 作品の応募受付は9月30日まで。日本の野生動植物や風景などをテーマに撮影をしている人にとっては、伝統ある会報誌の表紙を自らの作品で飾るチャンスとなる。

コンテストの概要は以下のとおり

■作品応募期間:
2016年7月1日~9月30日(必着)

■テーマ:日本国内で撮影した野生動植物、自然を感じる風景や文化

■優秀作品
・優秀賞(5~6点)会報の表紙に掲載。掲載誌を最大30部まで贈呈します。
・入 賞(5点)NACS-Jの広報・普及啓発活動や販売に使用するポストカードを作成。30枚贈呈します。


■ 応募作品
・未発表作品。(個人のブログ、ウェブサイトなどに掲載されたものは構いません)
・合成、変形不可。
・表紙に採用された場合は、表紙サイズに合わせトリミングして掲載させていただきます。
・動植物の個体を主題とする写真は、野生のものに限ります。(風景の一部や文化などを主題とする場合は除く)
・餌付けや立ち入り禁止区域での撮影など、自然環境に悪影響を与える方法で撮影したものは不可。
・顔が分かる状態で人物が映っている場合は、応募にあたりその人物の許可をとってください。
・応募作品は返却いたしません。

■ 結果発表 
入賞作品は会報『自然保護』誌1・2月号(2017年1月1日発行)と、NACS-Jウェブサイトにて発表します。

■ 応募方法
・解像度の高いデジタル写真データ(縦 3500ピクセル以上)が望ましいですが、写真店でプリントした写真(2Lサイズ以上)でも可。
 郵送かEメール、ウェブサイトの応募フォームでお送りください。(メールの場合は一度に10MBまで受信可能)
・応募点数は5点まで。それぞれ、1:撮影年月日、2:場所、3:分かれば種名、4:200字ほどで自然にまつわる撮影エピソード、5:〒住所、6:氏名、7:ご連絡先(電話、Eメール)、8:日本自然保護協会の会員or非会員、9:広報使用可か否か(★下記参照)をお知らせください。


●郵送用応募用紙(PDF/132KB)https://dot.asahi.com/asahicameranet/info/oubo.pdf
※「応募方法」の1)~9)をご記入いただければ、応募用紙をご使用いただかなくてもご応募いただけます。

★写真を通して自然の魅力を伝えるボランティアにご協力ください。
入賞にかかわらず応募作品を、当会の広報・普及啓発活動のために写真素材として無償でNACS-Jの会報、ウェブサイト、facebook、パンフレット、講演資料などに使用してもよいという方は、ぜひ「広報使用可」と記載してお送りください。どうぞよろしくお願いいたします。


・撮影者の著作権は保持されます。
・使用にあたりご連絡いたしませんが、撮影者名を明記いたします。


■応募先 
専用応募フォーム:https://www.nacsj.or.jp/form-sys/kaiho-photo-contest/

郵送:〒104-0033東京都中央区新川1-16-10ミトヨビル2F
日本自然保護協会 会報表紙フォトコンテスト係

Eメール :shizenhogo@nacsj.or.jp
※スパムメール対策のため@を大文字にしています。小文字に修正して送信してください。

参考:日本自然保護協会ホームページ内 フォトコンテスト募集ページ
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/kaiho/2016/06/3-1.html


トップにもどる  新製品ニュース一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加