AERA dot. 5th anniversary

キヤノン、新レンズキットで展開 EOS 8000D&EOS Kiss X8i

このエントリーをはてなブックマークに追加

EOS 8000D・EF-S18-135 IS USMレンズキット & EOS Kiss X8i・EF-S18-135 IS USMレンズキットのイメージ

EOS 8000D・EF-S18-135 IS USMレンズキット & EOS Kiss X8i・EF-S18-135 IS USMレンズキットのイメージ

 キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」と「EOS Kiss X8i」の新たな販売形態として、「EOS 8000D・EF-S18-135 IS USMレンズキット」および「EOS Kiss X8i・EF-S18-135 IS USMレンズキット」を2016年3月31日から投入する(リオ2016オリンピック日本代表選手団応援キャンペーン対象商品)。愛称は“ハイスピードAFキット”。

 同社のWEB直販サイトでの価格(税別)は以下のとおり

「EOS 8000D・EF-S18-135 IS USMレンズキット」 14万4800円

「EOS Kiss X8i・EF-S18-135 IS USMレンズキット」 13万9800円


 同梱する「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」は、AF駆動系に新世代モーター「ナノUSM」を採用した高倍率ズームレンズ。同モーターは、小型で軽く、制御性と静粛性を兼ね備えているため、静かで滑らかなAFを要求される動画撮影での使用にも最適としている。

※公式Youtubeチャンネルでは同レンズの特長が紹介されている。映像はこちら 

 また、レンズ単体は3月25日に発売。さらに同日発売されるデジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」のキットレンズにもなっている。
関連記事はこちら


トップにもどる  新製品ニュース一覧


   キヤノン をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加