メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きょう23日(土)は、太平洋側は晴れるでしょう。日本海側も天気は回復傾向ですが、北陸から北では昼頃まで雨や雪が降り雷を伴う所もありそうです。あす24日(日)は、全国的に秋晴れで、暖かいでしょう。最高気温は、23日(土)は、平年より低い所が多く、北よりの風も強まるため寒いでしょう。24日(日)は、平年並みに戻りますが、朝は冷えそうです。

北陸から北の日本海側は昼頃まで雨や雪 太平洋側は晴れても風が冷たい

画像A
画像A

きょう23日(土)は、日本付近は西高東低の気圧配置になっていて、北日本の上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んでいます。

北海道から東北の日本海側と北陸は、昼過ぎにかけて所々で雨や雪になるでしょう。特に東北では雷を伴って雨脚が強まることもありそうです。大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要です。また、山間部や標高の高い峠道では雪が積もる所もありますので、車を運転されるかたは冬用の装備で路面の凍結等にご注意ください。

北海道と東北の太平洋側は、晴れる所が多いですが、昼頃までは日本海側から一時的に雨雲や雪雲が流れ込みそうです。

関東から九州は、日本海側では朝のうちは雨や雷雨の所はありますが、徐々に天気は回復に向かうでしょう。太平洋側は広い範囲で晴れますが、北よりの風が強まる所が多くなりそうです。

関東はきのうより気温が高くなるものの 風は冷たい

画像B
画像B

最高気温は、北海道は12度前後で、日本海側では10度くらいの所もあり、厚手のコートが手放せないでしょう。東北も15度に届かない所がほとんどで、傘を持つ手が震えそうです。北陸は15度を少し超えますが、風は冷たいでしょう。関東から中国、四国にかけては、20度前後の所が多い予想です。関東はきのうより大幅に高くなりますが、北よりの風が強まるため、数字ほどの暖かさは感じられないかもしれません。風を通しにくい服装でお出かけください。九州は22度前後で昼間は過ごしやすいでしょう。

あす24日(日)は 晴れて日中は過ごしやすい

画像C
画像C

24日(日)は、移動性の高気圧が日本海に移動し、日本付近を広く覆う見込みです。

そのため北海道から九州にかけて、秋晴れとなりそうです。沖縄は湿った空気の影響で雲が多く、午後は雨の降る所があるでしょう。

日中の気温は平年並みの所が多く、過ごしやすいですが、朝は冷えるため体調管理にはご注意ください。

朝は冷える 日中は暖かい

画像D
画像D

あす24日(日)の朝は全国的に冷え込むでしょう。晴れて風も弱いため、地上付近の熱が奪われる、「放射冷却」が強まるためです。

朝の気温は、北海道で5度以下の所が多く、0度近くまで下がる所もあるでしょう。霜による農作物の被害にご注意ください。東北は8度前後でこちらも、11月上旬から中旬並みの所がありそうです。関東から中国地方にかけては10度前後でこの秋一番の寒さになる所も多くなるでしょう。今夜は暖かくしてお過ごしください。

最高気温は、特に北海道や東北でグンと上がるでしょう。15度から20度くらいで北海道では10月並みとなりそうです。関東から中国、四国は20度前後で、風が穏やかな分、きょうより暖かく感じられて過ごしやすいでしょう。九州23度前後で日中は薄着でもよさそうです。

朝と日中との気温の変化が大きくなりますので、脱ぎ着しやすい服装で上手に調節してください。また、紅葉を見に行かれる方は、標高の高い所ですと冷えますので、上着を一枚多く持っていくなどの対策をとるとよいでしょう。

暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング