メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

26日は、九州から東海にかけての太平洋側は特に気温が上がっていて、3月並みの陽気になっています。一方、山陰から北陸にかけての日本海側は「なだれ注意報」が出ていますので、十分ご注意ください。

気温上昇 積雪の多い所は雪崩に注意

26日は、日差しが多い九州から東海にかけての太平洋側では、最高気温が所々で15℃を超えて、ポカポカ陽気になっています。宮崎市、高知市、三重県尾鷲市では、1月に入ってから最も気温が上がっていて3月並みです。

日本海側も気温が平年より高めの所が多く、午後2時現在、山陰から北陸にかけて「なだれ注意報」が発表されています。雪解けが進みますので、雪崩や屋根からの落雪に十分ご注意ください。

なだれの種類

画像B
画像B

積雪が多くなると、なだれが発生しやすくなります。なだれには、古い雪の上に新たな雪が降り積もった時に発生する「表層なだれ」と、春先に雪が緩んで発生する「全層なだれ」の2種類があります。

大雪によって積雪が増えたときは「表層なだれ」に注意が必要です。雪庇や吹き溜まりができている斜面で発生しやすいです。なだれは前兆なく発生することがあり、そのスピードは速いものでは新幹線を超えてきます。

「全層なだれ」は、多くは春に発生していますが、真冬にも発生します。急に気温が高くなると雪解けが進み、融雪水が積雪層を浸透して地面に達し、滑りやすくなるためです。 従って雨が加わると、さらに発生しやすくなります。斜面には近づかないことが大切です。

暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング