メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

関東甲信は、あす11日明け方にかけて雪や冷たい雨が降り、内陸部を中心に大雪の恐れ。東京23区など平野部でも積雪となる所があるでしょう。交通機関への影響に注意、警戒が必要です。

内陸部を中心に大雪の恐れ

きょう10日は東海道沖の低気圧が発達しながら東へ進む予想です。上空1500メートル付近でマイナス3℃以下の寒気が東日本太平洋側まで南下するでしょう。

関東甲信には雪雲や雨雲がかかりはじめています。

あす11日の明け方にかけて広く雪や冷たい雨が降り、内陸部を中心に大雪となるでしょう。東京23区など南部の平野部でも雪が降り、積雪となる所がありそうです。沿岸部など日中は雨の降る所も夜は雪に変わる可能性があり、油断できません。積雪や路面の凍結に注意が必要です。

予想降雪量

画像B
画像B

10日6時から11日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、

甲信地方:30センチ

関東地方北部:25センチ

箱根から多摩地方や秩父地方にかけて:20センチ

関東地方南部の平野部:8センチ

(東京23区:5センチ)

長野県では警報級の大雪となり、東京23区を含めたその他の地域でも予想より気温が低くなった場合には、警報級の大雪となる恐れがあります。

大雪や路面凍結による交通機関への影響に警戒、注意してください。湿った重たい雪が電線に着雪し、停電が起こる可能性があります。懐中電灯や暖をとるものを用意しておくと良いでしょう。また、ビニールハウスやカーポートの倒壊にも注意してください。

段は雪の少ない所で「大雪」予想 お出かけ前の注意点は?

画像C
画像C

今回は、関東など、普段、あまり雪の降らない所で大雪が予想されます。そこで、お出かけ前に注意していただきたいことが4つあります。

①時間に余裕をもって行動しましょう。歩きなれた道でも、目的地に着くまでは、普段より時間がかかることが予想されます。焦って、急ぎ足になると、転倒する危険性もあります。

②滑りにくい靴を用意しましょう。靴底がツルツルしたものや、ヒールの高い靴は、危険です。靴底に溝がついている運動靴や、登山用の靴などがおススメです。

③ 歩き方のポイントを覚えておきましょう。歩幅を小さくして、地面に垂直に足を踏み出し、重心はやや前において、足の裏全体を路面につけて歩きましょう。ゆっくりとペンギンのような歩き方をするのが、おススメです。万が一、滑ってしまったら、尻をつくように転ぶと、頭を打ちにくくなります。

④両手をあけておきましょう。リュックや肩掛けカバンなどを選び、可能なら、傘を持つのも避けましょう。両手を出していれば、転んだ時でも、顔や頭を守ることができます。

暮らしとモノ班 for promotion
【残り2日】Amazonプライムデー2024「先行セール」開催中! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介