メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

10日朝から関東甲信の山沿いや内陸部を中心に積雪が増加中です。夜になるにつれて首都圏を取り巻く高速道路にも影響が広がりそうです。高速道路の状況についてまとめました。

今夜にかけて影響広がる 中央道等で影響大

関東地方は平野部では朝は雨の所が多かったものの、次第に雪に変わり、東京23区にも大雪注意報が発表されています。10日午前11時の積雪は秩父市6㎝、富士河口湖町13㎝、甲府市5㎝となっています。東京都内でも清瀬市で畑が真っ白になってきたとの情報もあります。東京都心は午前11時現在、積雪0㎝ですが、気温は2.2度と低く、このあと気温が下がると都心でも雨が雪に変わり積もる恐れがあります。

夜にかけて長く降り続く雪によって、特に中央道では大きな影響が出そうです。また、東名高速、新東名高速、関越道、上信越道も夜にかけて影響が広がる見通しです。首都高では、降雪による立ち往生の発生を未然に防ぐため、10日午前5時から、首都高速道路の一部区間において「予防的通行止め」を実施しています。

都心で雪が積もらなかった場合でも、関東南部の山沿いや、山梨県などでは積雪がみるみる増えてきているため、遠方に向かう車は必ず冬用タイヤが必要です。また、夕方からの冷え込みによって、みぞれや湿った雪の所も、日陰や橋の上など道路が凍結しやすく、路面が滑りやすくなることが予想されます。雪道の車の運転に慣れていない方は運転を控えるなど、検討した方が良いでしょう。

交通への影響はあす明け方にかけて続きますので、道路の状況を確認して、無理な外出は控えるようにしてください。

路面の凍結 特に注意すべき所は

画像B
画像B

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。

①橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は、他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいので、かなり危険です。

②トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。

③交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。

④日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。