メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

本州の南岸を進む低気圧の影響で関東地方は広く雨が降っていますが、この後、気温の低下とともに雪に変わる所が多いでしょう。14日明け方にかけて大雪となる所あり、朝の通勤、通学に影響がでる恐れがあります。

東京都心も雨から雪に

画像A
画像A

本州の南岸を進む低気圧の影響で、関東地方は13日昼前には南部から雨が降り出しました。標高の高い所を除いて、日中は雨で経過しましたが、夜に入ってから気温が下がり始めました。21時の東京の天気は雨と観測されていて、推定気象分布でも雨となっています。しかし、アメダスを見ると19時頃までは4度台で経過していた気温が、19時から20時の1時間で1度、20時から21時まで1時間で1.4度下がってきています。この後も気温は下がる見込みで、東京都心も次第に雨から雪に変わる所が多くなりそうです。

14日朝は交通機関の乱れと足元に注意

関東地方は、この後14日明け方にかけて雪となる所が多く、大雪となる恐れもあります。14日18時までに予想されている降雪量は、多い所で、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて20センチ、関東地方北部の山沿いで15センチ、関東北部・南部の平野部で8センチとなっています。14日の朝は雪が積もっていたり、路面が凍結している所もありますので、朝の通勤、通学の際は交通機関の遅延などをしっかり確認するとともに、足元にも十分注意してお出かけください。

暮らしとモノ班 for promotion
7/14更新:今年のAmazonプライムデーでバスケットボール選手・八村塁さんが狙うアイテムは?