メイン画像
メイン画像

きょう25日(金)、北海道から北陸は昼頃まで局地的に雪の降り方が強まりそう。午後は気温が上がり、寒さは和らぐ見込み。屋根からの落雪やなだれに十分注意を。除雪作業は必ず2人以上で、安全を確保して行ってください。

北海道から北陸 昼頃まで雪の降り方に注意

画像A
画像A

きょう25日(金)は、北海道や東北、北陸は冬型の気圧配置が続きますが、関東から西は高気圧に覆われる見込みです。

北海道と東北は、昼頃まで日本海側を中心に雪が降り、ふぶく所があるでしょう。北陸も昼頃まで雪か雨が降りそうです。大気の状態が不安定となるため、局地的に雷を伴って雪の降り方が強まるでしょう。ただ、午後は雪のやむ所が多く、晴れ間の出る時間がある見込みです。これまでの大雪で、積雪が平年の2~4倍となっている地域があります。雪下ろしなど除雪中の事故や、屋根から落ちてくる雪に十分注意してください。

一方、関東から九州にかけては、広い範囲で晴れる見込みです。空気の乾燥した状態が続きますので、火の取り扱いにご注意ください。沖縄も晴れますが、風がやや強いでしょう。昼前まで高波に注意が必要です。

北海道から関東 寒さは和らぐ

最高気温は、きのう24日(木)より高い所が多いでしょう。

札幌は3℃、新潟は8℃の予想で、昼間の寒さは和らぐ見込みです。東京都心は12℃の予想で、日差しが暖かく感じらそうです。

一方、名古屋と福岡は10℃、大阪は9℃の予想で、平年より低いでしょう。晴れても空気がヒンヤリするため、体調を崩さないように、暖かくしてお過ごしください。

雪下ろしなど除雪作業は必ず2人以上で

画像C
画像C

午後は北海道や東北の日本海側、北陸でも雪のやむ所が多いでしょう。晴れ間の出る時間があり、気温が上がる見込みです。雪下ろしなど除雪作業をされる際は、事故のないように、命綱やヘルメット、滑りにくい靴を着用しましょう。もしもの時に備えて、携帯電話を持って、家族や近所の方に声をかけてから、必ず2人以上で作業をなさってください。

安全に雪下ろしをするための主な注意点です。

① 雪下ろしをする前には、雪が緩んでいないかどうか、必ず確認しましょう。晴れて気温が上昇すると、屋根の雪が緩んでしまいます。また、雪と一緒に、つららが落ちてくることもありますので、注意してください。

② はしごを使って屋根に上る場合は、はしごが動かないよう、ロープなどでしっかり固定しましょう。はしごから屋根へ移動する時は、転落しないように一段と注意が必要です。

③ 雪下ろしをする際は、建物の周りに雪を残しましょう。万が一、屋根から落下した場合でも、雪がクッション代わりになってくれます。