メイン画像
メイン画像

14日(月)の関東甲信は、朝まで沿岸部の所々で雨や雷雨となるでしょう。一転して、日中は日差しで気温がグングン上がり、最高気温は25℃近い所もありそうです。少し動くと、汗ばむくらいになりますので、服装選びに、ご注意ください。

朝まで 沿岸部を中心に 大気の状態が非常に不安定

画像A
画像A

14日(月)の関東甲信は、天気が変わりやすいでしょう。

朝までは雲が多く、千葉県など沿岸部では、所々で雨や雷雨となりそうです。落雷や竜巻などの突風、ひょう、急な強い雨に注意が必要です。

ただ、雨雲レーダーを見ますと、当初の予想よりも、早く天気が回復する見込みです。日中は日差しが出るでしょう。

一方、内陸部では、夜も、にわか雨の所がありそうです。空模様の急な変化に、お気をつけください。

最高気温 3月なのに5月並みが続出

画像B
画像B

そして、関東では、朝から、この時期にしては気温が高くなっています。東京の6時30分までの最低気温は、12.0℃でした。日中は日差しがでるため、気温がグングン上がるでしょう。

最高気温は20℃以上の所が多く、北部を中心に、平年より10℃くらい高い予想です。東京は、今年最も気温が上がり、5月並みでしょう。熊谷や甲府は24℃と、「夏日(最高気温25℃以上)」一歩手前の陽気となりそうです。

まだ3月なのに、少し動くと汗ばむくらいの所が多いでしょう。暑がりの方や寒がりの方など、様々ですが、昼間は、春のコートやジャケットがいらないくらいで、長袖シャツ1枚でも過ごせそうです。服装選びに、お気をつけください。