メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

あす木曜日(31日)は関東は次第に雨が降るでしょう。あさって金曜日(4月1日)は天気が回復するものの、気温が低く「寒の戻り」となりそうです。見ごろを迎えている桜を楽しむのにも、寒さ対策が必要です。また、感染防止対策も忘れずにお願いします。

31日(木) 前線が南下 降り始めは?

画像A
画像A

あす(31日)は、本州付近は前線や湿った空気の影響を受けるでしょう。関東地方は、午前中は南部では晴れ間の出る所がありそうです。午後は、前線が南下して、北部から次第に雨が降りだすでしょう。夕方や夜は、雨の範囲が広がり、南部でも所々で雨となりそうです。雨はそれほど強まることはない見込みですが、関東北部や箱根のあたりでは本降りの雨となる時間もありそうです。あすは、お出かけやお帰りが午後になる場合には、雨具が必要です。

南から暖かい空気が流れ込む影響で、最高気温は20度以上になる所が多いでしょう。日中は春本番の暖かさとなりそうです。

4月1日(金)~4日(月) 「寒の戻り」

4月1日(金)は、雨は朝までにはやむでしょう。日本付近は一時的に冬型の気圧配置となって、日中は日差しが戻るでしょう。ただ、上空には寒気が流れ込み、最高気温は14度前後と、3月上旬から下旬並みで、季節が逆戻りしそうです。

2日(土)は、さらに気温が低くなり、日中でも10度を少し上回る程度で、冬の寒さが戻るでしょう。4日(月)にかけて、平年より低い気温が続きそうです。

5日(火)以降は、最高気温が18度から19度くらいの所が多くなり、春の暖かさとなるでしょう。日ごとの気温差が大きくなるため、服装で上手に調節して、体調を崩さないようにお気をつけください。

関東は各地で桜が見ごろ お花見のタイミングは?

きょう(30日)は、埼玉県の谷で桜の満開が発表され、関東南部では各地で桜の見ごろを迎えています。また、茨城県の水戸では桜の開花が発表されました。この先のお花見のタイミングですが、あすは、南部では午前中は外で満開の桜を楽しむことができるでしょう。ただ、午後は雨が降るため、早めに切り上げた方が良さそうです。

4月1日(金)と2日(土)は、晴れるものの、寒の戻りとなるため、桜を見に行く際には、冬物のコートなど暖かい服装でお出かけください。関東南部では、一部では散り始めている所もあり、見ごろの桜を楽しめる今年最後のチャンスとなるかもしれません。

3日(日)と4日(月)は曇りや雨の予想で、気温も低いため、お花見にはあいにくの天気でしょう。

5日(火)は、日中は晴れて春の陽気となり、薄手の装いで外出できそうです。北部では、ちょうど満開を迎えるくらいの時期で、見ごろの桜を楽しむことができるでしょう。

日中は暖かくても、夕方以降はグッと気温が下がります。お花見を楽しまれる際には、暖かい上着を用意しておいて、体調管理に気をつけるとともに、感染防止のため、密を避けたり、マスクの着用・手指の消毒などの対策をとった上でお楽しみください。

暮らしとモノ班 for promotion
【本日最終日】Amazonプライムデー2024「先行セール」開催中! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介