メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

あす(6日)以降、九州~関東は最高気温20℃以上、週末は25℃以上の夏日の所がありそうです。もう冬のような寒の戻りはなし。気象庁からは「高温に関する早期天候情報」が発表されています。冬物はクリーニングへ、半袖の準備を。

6日(水) 関東以西20℃超え 北日本の雨は一時的

画像A
画像A

きょう(5日)は、関東~東北の天気も回復、北海道を中心に今年一番の暖かさとなりました。午後4時までの最高気温は、札幌市16.7℃、旭川市16.2℃と、今年初の15℃超え。東京都心は17.9℃と5日ぶりに15℃を超え、この時期らしい気温に。名古屋市22.5℃と4月下旬並み、大阪市19.6℃と4月中旬並み、福岡市19.0℃と平年並みの陽気になりました。

あす(6日)は、前線が北日本を通過。北海道や東北北部は昼頃まで日本海側を中心に、にわか雨やにわか雪(標高が高い山)の所があるでしょう。ただ、崩れは一時的、午後は天気が回復する見込みです。関東~九州、沖縄は晴れて、最高気温は20℃を超える所が多いでしょう。

東京は22℃と、ゴールデンウィーク頃の陽気になりそうです。日中は長袖シャツ1枚で快適に過ごせますが、朝晩はトレンチコートなど羽織る物が必要です。

今週末 25℃以上の夏日の所も

画像B
画像B

この先は、関東以西は連日20℃を超え、今週末は25℃以上の夏日の所もありそうです。

あす6日(水)~8日(金)までは、最高気温20℃以上の地点は全国のアメダスで4割くらいですが、9日(土)・10日(日)は約7割の地点で20℃超えの予想です。また、25℃以上の夏日地点は、あす6日(水)~8日(金)は5地点以下ですが、9日(土)は40地点以上、10日(日)は約100地点の予想。今週末~来週初めにかけては、福岡市など所々で25℃以上、関東は前橋市や谷市など内陸を中心に最高気温25℃以上の夏日となりそうです。

また、気象庁はきのう(4日)、4月10日~18日頃は全国的に気温が平年より高くなるとして「高温に関する早期天候情報」を発表しています。この先も気温の高い状態が続くため、冬物は片づけて大丈夫です。今週末は、日中半袖の出番の所もあるため準備をしておくと良さそうです。

ただ、この時期は朝晩と日中の気温差が10℃以上、内陸では20℃近くと大きいため、軽めの上着や羽織る物は残し、重ね着でうまく調節するとよさそうです。

暮らしとモノ班 for promotion
【本日最終日】Amazonプライムデー2024「先行セール」開催中! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介