メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

東京都心の上空には薄い雲がかかり、太陽のまわりに光の輪、「ハロ」が出現しています。

東京都心にハロ

きょう13日、東京都心の空には、朝から太陽のまわりに光の輪、「ハロ」が出現しています。

ハロは日暈(ひがさ)とも呼ばれ、上空に薄い雲、巻層雲がかかると見られる機会が多く、身近な光学現象です。雲を作る氷の結晶が光を屈折して発生します。

前線が近づくなど、天気が下り坂に向かう際には、上空の高い空から雲がだんだん低くたれこめてきます。

ハロが現れたあと、次第に雲が厚くなると天気が崩れることが多く、「天気下り坂のサイン」とも言われています。

きょう13日、東京都心は昼すぎまで薄い雲が広がるため、空を見上げてみると、ハロなどの光学現象が見られるかもしれません。

※空を見上げる際には、太陽を直視しないようにご注意ください。

このあとの天気は?

画像B
画像B

このあと午後は時間がたつにつれて、雲が厚くなってくる見込みです。

夜は広い範囲ではありませんが、所々に雨雲がかかり、雨のぱらつく所があるでしょう。

これから外出される方は、折り畳みの傘があると良さそうです。

暮らしとモノ班 for promotion
香りとおしゃれ感を部屋にもたらす!Amazonでみんなが「欲しいアロマディフューザー」ランキング