メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

台風1号は、あす14日(木)にかけて「非常に強い」勢力へ発達する見込みです。15日(金)日中は「強い」勢力で小笠原諸島に最接近するでしょう。小笠原諸島は次第に大荒れに。暴風や高波、大雨に警戒してください。

台風1号 強い勢力で小笠原諸島へ 暴風・高波に警戒

画像A
画像A

大型で強い台風1号は、きょう13日午後3時にはフィリピンの東にあって、1時間におよそ15キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

きょう13日午後5時30分の気象衛星の雲画像を見ると、だいぶ台風中心の眼がくっきりと見えつつあり、発達中であることが分かります。

台風1号は、あす14日にかけて「非常に強い」勢力に発達し、「強い」勢力を維持して、15日(金)日中に小笠原諸島へ最接近する見込みです。

<暴風・高波>

小笠原諸島ではあす14日夜から大しけとなり、15日(金)は猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなるでしょう。

走行中のトラックが横転するような暴風が吹く恐れがあります。また、警報級の高波となる恐れがあります。うねりを伴った高波に厳重に警戒し、海岸付近には絶対に近づかないようにしてください。

<大雨>

あす14日は朝から雨で、活発な雨雲がかかる15日(金)は、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水などにも警戒が必要です。

◇最大風速(最大瞬間風速)

14日 小笠原諸島 18メートル(30メートル)

15日 小笠原諸島 30~35メートル(40~50メートル)

◇波の高さ

14日 小笠原諸島 7メートル

15日 小笠原諸島 12メートル

◇大雨

14日午後6時までの24時間に予想される雨量(多い所)

小笠原諸島 40ミリ

15日午後6時までの24時間に予想される雨量(多い所)

小笠原諸島 100~200ミリ

14日(木) 九州~東北は広く雨 局地的に雨風強まる

画像B
画像B

あす14日は、東シナ海から本州の沿岸に前線がのびて、本州付近に湿った空気が流れ込むでしょう。

このため、九州から関東、東北にかけて広い範囲で雨が降りそうです。

台風1号は本州からは離れていますが、油断ができません。

沿岸部ほど東から北寄りの吹き返しの風が強まるでしょう。日中の時間帯から所々で雨も強まりそうです。朝は雨が降っていなかったとしても、傘を忘れずに動きやすい服装でお出かけください。

15日(金) 局地的な大雨や高波に注意

画像C
画像C

本州付近は、台風1号の直接の影響はありませんが、台風の北上に伴って間接的な影響は出てきそうです。

15日(金)は、四国から関東の沿岸に停滞する前線に、台風周辺の湿った空気が流れ込むでしょう。

広い範囲ではありませんが、雨雲が発達して局地的に大雨が降る恐れがあります。四国から関東にかけての太平洋側ほど、急に雨がザっと強まったり、雷雨になることもありそうです。

また、太平洋沿岸では台風1号からのうねりが入り、突然波が高くなることもあります。

台風が離れていても、油断せずに気を付けて行動するようにしてください。

暮らしとモノ班 for promotion
7/12更新:2024年Amazonプライムデー開催間近!いつから開催か、ポイントアップの方法、おすすめの目玉商品などセール情報まとめ