メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

18日(月)は、全国的に雲が広がりやすいでしょう。東海は断続的に雨で、関東も午後は次第に傘の出番となりそうです。北海道は天気が変わりやすく、昼頃から局地的に雷雨となりますので、落雷や突風などに、ご注意ください。

天気のポイントは?

画像A
画像A

18日(月)午前5時現在、雨雲レーダーを見ますと、東海地方を中心に、雨雲がかかっています。

18日(月)は、高気圧が東へ遠ざかり、本州付近には、湿った空気が流れ込みやすくなるでしょう。

そこで天気のポイントは2つ。1つは「東海や関東を中心に、雨が降る」ということです。

東海は断続的に雨で、雷の鳴る所もあるでしょう。関東も雲が多く、午後は次第に雨雲に変わりそうです。お出かけの時に雨が降っていなくても、雨具をお持ちください。

北陸も雲が増えて、午後はあちらこちらで雨が降るでしょう。東北は日差しも出ますが、夕方以降、雨の降る所がありそうです。

ポイントのもう1つは「北海道は、天気の急な変化に注意」ということです。北海道は、晴れる所もありますが、大気の状態が不安定で、昼頃から局地的に雨や雷雨となりそうです。落雷や突風、急な強い雨に、お気をつけください。

一方、近畿から九州、沖縄は、日差しも出ますが、雲が広がりやすいでしょう。近畿は、昼頃まで、にわか雨の所がありそうです。九州や沖縄では、夜は所々で雨が降るでしょう。強い雨ではありませんが、お出かけには、傘をお持ちになると、安心です。

気温のポイントは?

画像B
画像B

そして、気温のポイントは「昼間は、季節を先取りした暖かさの所もある」ということです。

最高気温は、平年並みか高い所が多いでしょう。仙台や新潟は5月上旬並みの予想です。昼間は、上着なしでも過ごせるでしょう。ただ、朝晩はヒンヤリしますので、羽織るもので調節してください。関東も、20℃近くまで上がりそうです。

一方、名古屋は、雨が続いて北風が吹くため、昼間もあまり気温が上がらず、16℃の予想です。雨に濡れて、体調を崩さないよう、ご注意ください。

近畿~九州は、22℃前後の所が多く、昼間は快適に過ごせるでしょう。那覇は24℃まで上がりそうです。

暮らしとモノ班 for promotion
2024年の「土用の丑の日」は7月と8月の2回!Amazonでおいしい鰻(うなぎ)をお取り寄せ♪