メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

気になるゴールデンウィークの天気と気温の傾向をまとめました。29日(金)昭和の日は前線や低気圧の影響で広く雨に。雨脚の強まる所もあるでしょう。30日(土)と5月1日(日)も曇りや雨のぐずついた天気に。ゴールデンウィーク後半の天気は周期変化になりそうです。

ゴールデンウィーク前半

ゴールデンウィーク前半はぐずついた天気になりそうです。

29日(金)昭和の日は前線が本州付近に延び、前線上を低気圧が進むでしょう。沖縄や九州から東北にかけて広く雨が降り、九州から関東では雨脚の強まる時間もありそうです。30日(土)も関東から北では午前中を中心に雨が残るでしょう。5月1日(日)は、前線が本州の南に停滞し、全国的に雲が広がりやすく、所々で雨が降りそうです。お出かけの際は雨具があると安心です。

ゴールデンウィーク前半の最高気温は平年並みか低いでしょう。九州から関東でも20℃に届かず、羽織る物が必要な日もありそうです。北陸から北海道では、この時期としてはヒンヤリする日が多くなるでしょう。

ゴールデンウィーク後半

画像B
画像B

ゴールデンウィーク後半の天気は周期変化となりそうです。

3日(火)憲法記念日は九州から北海道にかけて広く晴れるでしょう。ただ、晴天は続かず、4日(水)みどりの日は九州から近畿で雨が降り、5日(木)こどもの日は関東や東北にも雨の範囲が広がるでしょう。7日(土)は晴れる所が多くなりそうです。

最高気温は5日(木)頃までは九州から東北は平年並みか低いでしょう。晴れても、暑さはなさそうです。7日(土)は関東以西では汗ばむ陽気になるでしょう。日によって気温の変化が大きくなりそうです。服装で上手に調節してください。

なお、この予報は24日(日)午後の資料をもとに作成しています。2週間予報は後半ほど、予報が変わる可能性があり、信頼度もC~Eと低くなっています。随時、最新の天気予報をチェックしてください。