メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

近畿地方では、きょう11日(水)は、このあと次第に雨のやむ所が多くなりますが、あす12日(木)は再び広く雨となるでしょう。14日(土)にかけて、南部を中心に大雨の恐れがあります。早めの備えが必要です。

前線が西日本付近まで北上 暖かく湿った空気が流れ込む

画像A
画像A

あす12日(木)は、南の海上に延びる前線が西日本付近まで北上してくる見込みです。前線は、14日(土)にかけて西日本付近に延び、近畿地方には暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。きょうこのあとは、いったん雨のやむ所が多くなりますが、あすは再び南部から雨が降りだし、昼前には北部や中部でも雨が降りだす見込みです。特に、あさって13日(金)から14日(土)にかけては、前線に向かってより暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発になりそうです。雨の降り方が強まり、南部を中心に局地的に激しく降る恐れがあります。大雨となる恐れがあるため、今後の情報に注意をしてください。

大雨への備えは早めに

画像B
画像B

近畿地方は、まだ本格的な雨の季節に入る前ですが、あすからの雨に備えて、ハザードマップで家の周辺の危険な場所を確認、避難場所・避難経路の確認をしておいてください。また、非常用グッズの確認、側溝や雨どいの掃除をして水はけをよくしておくなど、対策をしておきましょう。