メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きょう19日(木)も、北海道から九州の広範囲に晴れマーク。強い日差しに後押しされ、日中は気温がグングン上昇。最高気温は多くの地点で25℃を超え、夏日が続出。北海道は午後から大気の状態が不安定で、天気急変のおそれ。18日(水)に梅雨の晴れ間となった沖縄は再び傘の出番に。

19日(木)全国天気

きょう19日(木)も、北海道から九州の広範囲に晴れマークが並びます。特に東北から九州は、日中は晴れる時間が長く、洗濯日和になりそうです。日差しが強いので、外出の際は日傘が活躍しますよ。18日(水)との相違点は北海道で大気の状態が不安定になること。

画像B
画像B

ご覧のように午後は道東エリアを中心に発雷確率が高くなります。局地的に雷雲が発生し、ザっと雨脚が強まったり、ゴロゴロと雷が鳴ったりと天気が目まぐるしく変わるおそれがあります。午前中に晴れていても油断は禁物です。
一方、18日(水)にたっぷり日差しが届き、梅雨の晴れ間となった沖縄は次第に雨雲が近づき、再び傘の出番となりそうです。

19日(木)全国気温

強い日差しに後押しされ最高気温は、25℃を超える所が多くなります。特に鳥取や京都の舞鶴、兵庫の豊岡など、西日本では所々で30℃前後まで上がり、真夏日の所もありそうです。適度に人との距離を保ち、マスクを取って水分補給を行うなど、暑さ対策を心がけましょう。また、北日本を中心に朝との気温差が大きくなる見込みです。朝に空気がヒンヤリしていても、昼間に脱ぎ着できるよう調整しやすい服装でお過ごしくださいませ。

暮らしとモノ班 for promotion
7/14更新:今年のAmazonプライムデーでバスケットボール選手・八村塁さんが狙うアイテムは?