メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

22日月曜正午現在、雨雲レーダーを見ますと、四国や紀伊半島の南東斜面で、雨雲が発達しています。昼前には、三重県で「激しい雨」を観測した所がありました。午後も、東海・近畿・四国の所々で「バケツをひっくり返したような雨」が降るでしょう。夜、暗い時間に雨が強まる所もありますので、道路の冠水などご注意ください。

昼前にも 三重県の所々で「激しい雨」を観測

画像A
画像A

22日月曜午前中は、湿った空気が流れ込んだ影響で、東海や四国など所々で雨が強まりました。

三重県では、鳥羽市で、22日0時1分までの1時間に67.0ミリの「非常に激しい雨」を観測しましたが、日中も、発達した雨雲がかかりました。

三重県大紀町の藤坂峠では、10時43分までの1時間降水量が48.5ミリ、また三重県伊勢市では、10時までの1時間降水量が47.0ミリと、共に「激しい雨」を観測しました。

22日正午現在、雨雲レーダーを見ますと、南東から湿った空気が吹き込んでくる、東海や四国の南東斜面を中心に、雨雲が発達しています。

午後 東海・近畿・四国で「激しい雨」や「非常に激しい雨」の所も

画像B
画像B

22日午後は、東海から九州は、所々で雨が降るでしょう。

特に、雨雲や雷雲が発達しやすいのは、東海や近畿、四国です。あちらこちらで「激しい雨」が降り、局地的には「非常に激しい雨」が降るおそれがあります。

「激しい雨」とは、バケツをひっくり返したように降る雨で、傘をさしていても濡れてしまい、道路が川のようになるくらいです。また「非常に激しい雨」とは、滝のような雨で、傘が全く役にたたず、車の運転が危険なレベルです。このレベルの雨では、短時間でも、アンダーパスなど水はけが悪い道路では、冠水するおそれがあります。落雷や突風、急な強い雨にも、ご注意ください。

三重県 23日火曜未明~明け方も 雨雲が発達するおそれ

画像C
画像C

中でも、特に、大雨が心配されるのが、三重県です。

紀伊半島沖を進む低気圧に向かって、湿った空気が流れ込み、「その湿った空気が、紀伊半島の南東斜面にあたる、三重県付近でぶつかりやすい状態」が続くでしょう。三重県では、22日月曜午後だけでなく、23日火曜未明~明け方も、発達した雨雲がかかりやすくなりそうです。

雨の強まる時間帯が、夜暗い時間帯と重なるおそれがあります。最新の気象情報を確認するとともに、雨の降り方に十分お気をつけください。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像D
画像D

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。

②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

暮らしとモノ班 for promotion
【まとめ買いで最大19%OFF】いつもAmazonで買っている水やドリンクがもっとお得に!「飲料サマーセール」