SO-SO、ニューアルバム『Party 2.0』リリース 全編VR映像で制作された「Error Sound」MV公開決定
SO-SO、ニューアルバム『Party 2.0』リリース 全編VR映像で制作された「Error Sound」MV公開決定
この記事の写真をすべて見る

 ビートボックスのサウンドのみで楽曲を制作する音楽プロデューサー・SO-SOの約2年ぶりのアルバム『Party 2.0』がリリースされた。

 前作『Party』は リリース後世界各国でダンスアルバムチャートにランクイン。本作には、ビートボックスの世界大会で披露した楽曲のアップデートバージョンに加え、マクセル・アクアパーク品川×TGCのスペシャルコラボイルカショー “WELCOME TO RYUGU FESTIVAL”に書き下ろした楽曲「Aqua Splash (Album Edit)」やNewsPicks動画コンテンツ “NewsPicks NOW!” 書き下ろしテーマソング「Unknown Language」などが収録されている。

 また9月14日の22時には「Error Sound」のミュージックビデオも公開される。フリースタイルフットボーラーのibuki、ボリュメトリックビデオ(立体映像)の撮影・編集・共有のプラットフォームサービス“Rememory”のコラボレーション企画として、全編VR映像で制作された。

◎リリース情報
アルバム『Party 2.0』
2022/9/14 RELEASE

暮らしとモノ班 for promotion
【今年も7月開催と米国で発表】Amazonプライムデーは年に一度の大型セールイベント!2024年の開催日程や事前準備方法、お得な買い方をまとめて紹介!