メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きょう30日は、広く秋晴れとなる所が多いでしょう。最高気温は30℃くらいまで上がる所もあり、日差しの下では暑さを感じる所も。夕方以降はひんやりしてきますので、お出かけの際の服装にお気をつけください。

日本付近は高気圧に覆われる

画像A
画像A

きょう30日は、日本付近は高気圧に覆われる見込みです。一方、関東の南海上を低気圧が東へ進むでしょう。また、台風18号は日本の南を東に進む見込みです。

各地の天気

きょう30日は、日中は広く秋晴れとなる所が多いでしょう。

北海道は、朝晩は雲が広がりやすいですが、日中は晴れる見込みです。東北と北陸は一日を通して晴れるでしょう。関東と東海は沿岸部では朝は低気圧の影響を受けて、雲が多いですが、次第に晴れる見込みです。近畿から九州も大体晴れるでしょう。ただ、九州南部は気圧の谷や湿った空気の影響で、夕方から、にわか雨の所がありそうです。

沖縄本島は一日晴れるでしょう。台風18号の影響を受けた大東島は次第に天気が回復して、午後は晴れるでしょう。ただ、沖縄本島や大東島の沿岸の地域では、しけや波の高い状態が続くでしょう。海上や海岸付近ではうねりを伴った高波に十分ご注意ください。

最高気温 30℃くらいまで上がる所も ただ、朝晩はひんやり

きょう30日の最高気温は、きのう29日と同じくらいか高くなる所が多い見込みです。北海道から九州にかけて、平年を上回るでしょう。

北海道でも25℃以上の夏日の所が多くなりそうです。札幌は8月下旬並みと、季節はずれの陽気になるでしょう。仙台や東京など27℃前後と9月下旬から中旬並みで、動くと汗ばむくらいの陽気になりそうです。

名古屋や大阪、広島、高知、鹿児島などは30℃前後まで上がるでしょう。真夏日になる所もありそうです。湿度が低めで、空気はカラッとしていますが、日差しの下では暑さを感じられ、日中は半袖や薄着で過ごせるでしょう。ただ、夕方以降はひんやりして、20℃くらいまで下がる所もありそうです。朝のお出かけとお帰りの際はカーディガンや薄手のジャケットなど、上着があったほうが良さそうです。お出かけの際の服装にお気をつけください。