メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

31日(月)のハロウィンに向けて、この週末は仮装イベントなどが各地で開催されています。きょう29日(土)夜から、日に日にぐっと冷え込むでしょう。イベントなどに参加される方は気温の急降下に注意が必要です。また、ハロウィン当日の31日(月)は雨の所も。

今夜(29日夜)から日に日に冷え込み強まる

画像A
画像A

きょう29日(土)、あす30日(日)は、広い範囲で秋晴れが続くでしょう。北海道や東北の日本海側、北陸は一部で雨が降りそうです。
全国的に日中と朝晩の気温差が大きいため服装には注意が必要です。

きょう29日(土)午後9時の気温は、関東から九州で15℃前後、東北や北海道は10℃くらいで、上着やコートが必要な寒さになるでしょう。
30日(日)、31日(月)と朝晩の冷え込みが日に日に強まる所が多い見込みです。ハロウィンで仮装をされる予定のある方は、体を冷やさないように暖かい上着やブランケットなどを用意しておくと良さそうです。

31日(月)は夜遅くなるほど雨域広がる

画像B
画像B

31日(月)も、日が差す所が多い見込みです。
ただ、西日本や東海を中心に夜遅くなるほど太平洋側に雨雲がかかりやすくなるでしょう。

夜のハロウィンイベントは、雨具を備えていると安心です。

気温と服装の目安

画像C
画像C

こちらのイラストは、気温に応じて、どんな服装をすれば良いか目安を示したものです。

気温が25℃を下回ると半袖よりも長袖の方が過ごしやすいでしょう。
20℃を下回ると、長袖1枚では肌寒く、カーディガンなど軽めの羽織るものがあると良さそうです。15℃以下になると、セーターやニットなど暖かい素材の服が欲しくなるでしょう。10℃を少し超えるくらいの場合は、トレンチコートなど軽めのコートがあると便利です。

10℃以下で冬のコート、5℃以下でダウンコートなど保温効果の高いアウターが必要な寒さになってきます。
日中は気温が上がる日ほど、朝晩は冷えるようになってきました。脱いだり着たり調節しやすい服装で体を冷やさないようにご注意ください。

暮らしとモノ班 for promotion
7/12更新:2024年Amazonプライムデー開催間近!いつから開催か、ポイントアップの方法、おすすめの目玉商品などセール情報まとめ