【米ビルボード・アルバム・チャート】シザ自身初の1位、モーガン・ウォレンTOP10総週100週超え
【米ビルボード・アルバム・チャート】シザ自身初の1位、モーガン・ウォレンTOP10総週100週超え
この記事の写真をすべて見る

 シザのニュー・アルバム『SOS』が1位に初登場した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 『SOS』は、2017年6月にリリースした1stアルバム『コントロール』以来約5年半ぶり、2枚目のスタジオ・アルバムで、Billboard 200でのTOP10入りは最高3位をマークした『コントロール』に続く2作目、首位獲得は自身初の快挙となる。

 なお、前作『コントロール』は初登場から今週まで288週連続でチャートインを果たし、これまでのストリーミング総数は51億回、通算390万ユニットを獲得している。『SOS』のリリース効果により、今週のチャートでは35位から28位に再浮上した。

 『コントロール』のリリースから5年半の間には、ケンドリック・ラマーによる『ブラックパンサー:ザ・アルバム』から「オール・ザ・スターズ」(2018年 / 7位)、「グッド・デイズ」(2020年 / 9位)、ドージャ・キャットとのコラボレーション「キス・ミー・モア feat. シザ」(2021年 / 3位)、「アイ・ヘイト・ユー」(2021年 / 7位)の4曲がTOP10入り、通算15曲をソング・チャート“Hot 100”にランクインさせている。

 本作『SOS』には、その「グッド・デイズ」と「アイ・ヘイト・ユー」、今年10月にリリースされたばかりの新曲「シャート」など、計23曲が収録されていて、3曲の合計ストリーミング数は現在までに9億8,000万回を記録している。

 リード・シングルのヒットもあり、『SOS』の初動ユニットは以下に続く今年5番目に高い318,000を記録。自身の記録としては過去最高を更新した。

テイラー・スウィフト『ミッドナイツ』(1,578,000)
ハリー・スタイルズ『ハリーズ・ハウス』(521,000)
ドレイク&21サヴェージ『ハー・ロス』 (404,000)
ビヨンセ『ルネッサンス』(332,000)
シザ『SOS』(318,000)

 318,000ユニットの内訳、309,500がアルバム・ストリーミング、7,500がアルバム・セールス、1,000がトラックによるユニットで、アルバムの週間ストリーミング数は4億458万回を記録している。

 週間ストリーミングとしては2022年にリリースされたR&Bアルバムの最高記録で、女性アーティストに限定するとテイラー・スウィフトの『ミッドナイツ』(11月5日付 / 5億4,926万回)に次ぐ2番目、全てのジャンルを含めるとドレイク&21サヴェージの『ハー・ロス』(11月19日付 / 5億1,356万回)に続く3番目に高い記録を達成した。なお、R&Bアルバムの定義はR&Bアルバム・チャートにランクインした作品で、これまでの最高記録はドレイクの『オネストリー、ネヴァーマインド』(7月2日付 / 2億5,023万回)だった。

 『SOS』(Top Dawg / RCA Records)の発売元であるRCAレコードとしては、2019年9月14日付で1位に初登場したトゥールの『フィア・イノキュラム』以来、約3年ぶりの首位獲得作品で、トップ・ドッグ・エンターテインメントとしては以下に続く7作目のNo.1タイトルとなる。

スクールボーイ・Q『オクシモロン』(2014年)
ケンドリック・ラマー『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』(2015年)
ケンドリック・ラマー『アンタイトルド・アンマスタード』(2016年)
ケンドリック・ラマー『ダム.』(2017年)
サウンドトラック『ブラックパンサー:ザ・アルバム』(2018年)
ケンドリック・ラマー『ミスター・モラル&ザ・ビッグ・ステッパーズ』(2022年)
シザ『SOS』(2022年)

 続いて2位は、テイラー・スウィフトの『ミッドナイツ』が先週に続き同位をキープ。週間ユニットは139,000(3%減少)で、初登場から8週連続で10万ユニットを突破した。

11月5日 1,578,000ユニット(1位)
11月12日 342,000ユニット(1位)
11月19日 299,000ユニット(2位)
11月26日 204,000ユニット(1位)
12月3日 177,000ユニット(1位)
12月10日 151,000ユニット(1位)
12月17日 143,000ユニット(2位)
12月24日 139,000ユニット(2位)

 先週1位に初登場したメトロ・ブーミンの『Heroes & Villains』は3位にダウン。週間ユニットも45%減少の102,000に大きく下降した。4位はドレイク&21サヴェージの『ハー・ロス』(67,000ユニット / 15%減少)が先週の3位からワンランクダウンし、マイケル・ブーブレの『クリスマス』(62,000ユニット / 14%増加)は5位をキープした。

 続いて今週6位には、エイ・ブギー・ウィット・ダ・フーディの新作『Me vs. Myself』が初登場。初動ユニットは53,000で、その内訳50,000がアルバム・ストリーミング、3,000がアルバム・セールスで、週間ストリーミングは全23曲で6,692万回を記録している。

 『Me vs. Myself』は、2020年2月に発表した前作『アーティスト 2.0』から約3年ぶり、4作目のスタジオ・アルバムで、1stアルバム『ザ・ビガー・アーティスト』(2017年 / 4位)、2ndアルバム『フーディ・シーズン』(2018年 / 1位)、3rdアルバム『アーティスト 2.0』(2020年 / 2位)に続く4作目、4作連続のTOP10入りを果たした。

 以下、バッド・バニーの『Un Verano Sin Ti』(51,000ユニット / 7%減少)が4位から7位にダウン、ナット・キング・コールの『ザ・クリスマス・ソング』 (47,000ユニット / 17%増加)が9位から8位に上昇し、チャーリー・ブラウンのサウンドトラック『スヌーピーのメリークリスマス』(47,000ユニット / 19%増加)が先週の12位から9位に再ランクインした。

 モーガン・ウォレンの『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』(45,000ユニット / 3%減少)は7位から10位に順位を下げたが、今週でTOP10のランクイン総週が100週目に達し、サウンドトラックを除く最長記録をさらに更新した。

Billboard 200(1956年3月24日~)TOP10ランクイン総週記録
(年)は初めてTOP10入りした年

173週 サウンドトラック『マイ・フェア・レディ』(1956年)
109週 サウンドトラック『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)
106週 サウンドトラック『ウエスト・サイド物語』(1962年)
105週 オリジナル・キャスト・サウンドトラック『サウンド・オブ・ミュージック』(1960年)
100週 モーガン・ウォレン『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』(2021年)
90週 サウンドトラック『南太平洋』(1958年)
87週 オリジナル・キャスト・サウンドトラック『キャメロット』(1961年)
87週 サウンドトラック『オクラホマ!』(1956年)
85週 ピーター・ポール&マリー『ピーター・ポール&マリー』(1962年)

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは12月23日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『SOS』シザ
2位『ミッドナイツ』テイラー・スウィフト
3位『Heroes & Villains』メトロ・ブーミン
4位『ハー・ロス』ドレイク&21サヴェージ
5位『クリスマス』マイケル・ブーブレ
6位『Me vs. Myself』エイ・ブギー・ウィット・ダ・フーディ
7位『Un Verano Sin Ti』バッド・バニー
8位『ザ・クリスマス・ソング』ナット・キング・コール
9位『スヌーピーのメリークリスマス』ヴィンス・ガラルディ・トリオ
10位『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』モーガン・ウォレン

暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング