メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

14日(土)の朝は、西日本の太平洋側を中心に雨の降り方が強まる所があるでしょう。北海道は朝より夜の方が寒くなり、15日(日)の朝は真冬並みの厳しい冷え込みとなりそうです。日中も氷点下の所が多いでしょう。受験生は寒さ対策を忘れずに。

14日(土) 明け方から朝は強まる雨に注意

画像A
画像A

14日(土)は、前線の通過に伴って、雨の降る所が多いでしょう。特に明け方までは九州南部や四国、近畿南部を中心に局地的に雨雲が発達しそうです。激しい雨で道路が川のようになったり、雷が鳴ったりする所もあるでしょう。朝には雨のピークを過ぎるものの、九州から東海の広い範囲に雨雲がかかり、雨脚の強まる所もあって、昼頃にかけて雨具の必要な所が多くなりそうです。北陸や関東、東北南部も弱い雨の降る所があるでしょう。東北北部は昼過ぎにかけて、北海道も午前中を中心に雨や雪の降る所がありそうです。

北海道は気温が急降下

画像B
画像B

最低気温、最高気温ともに平年より高い所が多く、朝、お出かけの際も極端な冷え込みはないでしょう。歩道に雪が残っている所では、雪がとけて水浸しになっていたり、ぬかるんでいたりする可能性があります。歩きにくい所があるかもしれませんので、時間には余裕をもって出発し、ゆっくり気をつけて歩くとよいでしょう。

日中も全国的に季節外れの暖かさが続きますが、北海道は寒気が流れ込むため、日中も気温はどんどん下がる一方です。夕方以降は氷点下の冷え込みとなる所が多く、夜は朝よりグッと寒くなります。大学入学共通テストなど、お出かけの際にそれほど寒さを感じなくても、お帰り用の寒さ対策を忘れないようにしてください。

15日(日) 全国的に寒くなる 北海道は広く真冬日か

画像C
画像C

前線通過後の15日(日)も、天気はすっきり回復とはいきません。九州から関東では太平洋側を中心に雨の降る所があるでしょう。また、山陰から北陸、東北の日本海側も寒気の影響で所々で雪や雨が降りそうです。お出かけの際に雪や雨が降っていなくても、念のため雨具をお持ちになるとよいでしょう。

朝は北海道で真冬並みの強い冷え込みとなるでしょう。手袋をしていても手がかじかんでしまいそうです。日中も氷点下の所が多く、北海道の広い範囲で真冬日が予想されます。これまで暖かい日が続いていただけに、体にこたえる寒さとなるでしょう。

暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング