メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

関東近郊のスキー場の今週末の天気です。4日(土)は夜に雪の強まる所があり、ナイターでの滑走は注意が必要です。5日(日)は新雪の滑走に期待できそうです。

土曜日の夜に雪強まる 日曜日は雪弱まる

画像A
画像A

あす4日(土)の日中は、各エリアとも雪のやむ時間が長く、場所によっては晴れ間も出そうです。雪面の照り返しは強烈ですので、紫外線対策が欠かせません。

ただ、夜になると低気圧が近づくため、長野北部や新潟、群馬北部、福島の会津などで比較的湿った雪が降り、降り方が強まる所もあるでしょう。ナイター滑走の際は視界が悪くなる可能性もあるので、ご注意ください。

あさって5日(日)は、午前中に雪の残る所があるでしょう。寒気が強いため、パウダースノーに近い雪質になるかもしれません。午後には雪が止んでくる見込みです。新雪の上を滑走するなら、あさって5日(日)がおすすめです。

コース外には危険がたくさん

画像B
画像B

スキー場のコースの外は危険がたくさんあります。特になだれや落雪などは、いつ起きてもおかしくありません。雪が強まりやすい今の時期は「表層雪崩」が発生しやすくなります。

「表層雪崩」とは、山に積もっている古い雪の上に、新たに積もった雪が滑り落ちる現象です。1、2月頃の寒さが厳しい冬の時期に、山の急斜面で発生しやすく、雪庇や吹きだまりができている斜面で多く発生します。スキーやスノーボード、動物の移動など、わずかな振動で発生することがあり、新幹線並みのスピードになることもあります。

スキー場内では決められたコースを滑走して、体調や天候次第では休憩をとるなど、安全に配慮して楽しみましょう。