メイン画像
メイン画像

きょう22日の日中は広く晴れて、気温上昇。九州や近畿、東海、関東、東北にかけて、花粉が大量に飛ぶ予想。スギ花粉に加え、ヒノキ花粉にも注意。

広い範囲でスギ&ヒノキ花粉が飛散

画像A
画像A

きょう22日は広い範囲で日差しが届き、気温が速いペースで上昇。各地で、季節先取りの暖かさとなるでしょう。九州から東北にかけて、スギ&ヒノキ花粉の飛散に注意が必要です。

特に、飛ぶ量が多くなるのは、九州や近畿、東海、関東、東北南部。花粉症の方は対策を万全になさってください。
広島など、「少ない」予想の所も、敏感な方は症状が出る可能性があり、気を抜けない状況です。

あす23日から26日 多くの所で雨 花粉の飛散は抑えられる

画像B
画像B

あす23日から26日にかけては、前線や低気圧の影響を受けます。

仙台をはじめ、東北では雨の降る時間が短く、引き続き花粉が大量に飛ぶ見込みです。
一方、関東から九州にかけては断続的に雨が降るため、花粉の飛散は抑えられるでしょう。これまで、重い症状に悩まされていた方も、少しホッとできそうです。

ただ、そのまま花粉シーズンが終わるわけではありません。

4月の中頃にかけて ヒノキ花粉がピークに

画像C
画像C

九州や中国、四国、近畿、東海では、スギ花粉はピークを過ぎつつありますが、4月の中頃にかけてヒノキ花粉が増える予想ですので、まだしばらくは対策が欠かせません。
関東、北陸、東北にかけて、今月末までスギ花粉のピークが続くでしょう。ヒノキ花粉は、関東では4月中旬にかけてピークとなりそうです。明瞭なピークのない北陸と東北も、敏感な方は対策をすると良さそうです。