メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

あす28日(火)の朝は、けさより冷え込む所が多いでしょう。東北地方には「強い霜に関する気象情報」が発表されました。東北では28日(火)から30日(木)頃にかけて、朝の最低気温が氷点下となり、強い霜のおりる所があるでしょう。農作物の管理に注意が必要です。

火曜の朝は冷える

画像A
画像A

あす28日(火)の朝は、冷え込む所が多いでしょう。広い範囲で高気圧に覆われるため、晴れて、放射冷却が強まる見込みです。あす朝の最低気温は、けさより低くなる所が多く、北海道や東北では5℃以上低くなる所もありそうです。きょう27日正午現在、東北と、近畿から九州の広い範囲に「霜注意報」が発表されています。

また、きょう27日(月)、東北地方に「強い霜に関する気象情報」が発表されました。東北地方では、28日(火)から30日(木)頃にかけて、朝の最低気温が氷点下となる所があるでしょう。強い霜や凍害のおそれがありますので、農作物の管理に注意してください。「強い霜」とは、気象庁の気象用語で「畑の植物や地面が一面に白く見えるような霜」のことです。

霜注意報とは

画像B
画像B

霜注意報は、秋や春に、気温が下がって、早霜や遅霜が発生することにより、農作物や果実の被害が発生するおそれがある時に、発表されます。

実際、霜は、秋や春だけでなく、冬にも発生します。ただ、冬に霜がおりるのは当たり前ですし、冬は外で栽培される農作物や果実が少ないので、冬には霜注意報が発表されないのです。

霜注意報が発表される期間や基準は、地方によって、少しずつ違います。例えば、東京地方では「4月10日~5月15日 最低気温が2℃以下」、大阪府では「4月15日以降 最低気温4℃以下」、福岡県では「11月20日までの早霜 3月15日からの遅霜 最低気温3℃以下」です。

なお、気温が観測される高さは、地上1.5メートルで、予想気温もこの高さの値を予想しています。ただ、寒い日に外に立っていると、足元から冷えてくるように、地面近くはもっと気温が低くなります。そのため、最低気温が3℃くらいでも、地上付近は0℃近くまで下がるので、霜が降りるのです。

霜注意報が発表されたら、農作物や果樹の管理に、十分お気をつけください。

暮らしとモノ班 for promotion
7/14更新:今年のAmazonプライムデーでバスケットボール選手・八村塁さんが狙うアイテムは?