「馬車は遠く光の中をかけ去り/わたしは一人岸辺に残る/既に海波は天の彼方に/最後の一滴までたぎり堕ち了り・・・」有明海沿岸の諫早出身の詩人・伊藤静雄は「有明海の思いで」…

続きを読む