ジョー&ニック・ジョナス、【カンヌ国際映画祭】のチャリティ・ガラで「Cake By the Ocean」をサプライズ披露
この記事の写真をすべて見る

 米国エイズ研究財団が【第77回カンヌ国際映画祭】会期中の現地時間5月23日に開催したチャリティ・ガラで、ファンはジョナス・ブラザーズの2人によるパフォーマンスを観ることができた。ニック・ジョナスが、ステージで観衆にスペシャル・ゲストを歓迎するよう呼びかけ、兄のジョー・ジョナスを招き、2人はDNCEの「Cake By the Ocean」を披露した。

 コンサートで撮影された映像では、ジョナス・ブラザーズのメンバーの2人がステージの花道を並んで歩きながら、ニックがギターを演奏し、ジョーが情熱的にリード・ボーカルを歌っている。ジョーとジャック・ローレス、イ・ジンジュからなるバンド、DNCEのヒット曲「Cake By the Ocean」は、2015年に米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で9位を獲得した。

 弟とステージに登場する前に、ジョーはディプロと客席でニックのパフォーマンスを楽しんでいた。ディプロはその後、ニックが「ジョー、どこにいる?」と尋ね、ジョーがディプロからマイクを取り、ステージに上がった瞬間を記録した映像をインスタグラムに投稿した。

 兄弟2人はおしゃれなオフホワイトのスーツを着こなし、ジョーは襟元に黒いリボンを巻き、ニックはより伝統的な蝶ネクタイを選んでいた。

 このガラは、2人が長兄のケヴィンとジョナス・ブラザーズとしてツアーが続く中で開催された。しかし今月初め、3人はニックの健康問題のためメキシコ公演のいくつかを延期せざるを得なかった。

 「みなさんこんにちは。僕は最近流行っているA型インフルエンザにかかってしまって、歌うことができません。僕たちはいつも最高のショーを皆さんにお見せしたいと思っていますが、今回のメキシコ公演ではそれができなくなりました」とニックは当時声明で綴っていた。

 昨年5月に米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で3位にデビューした『ザ・アルバム』を引っ提げたワールド・ツアーは今年10月中旬まで続く予定だ。3人は昨年7月にK-POPボーイズグループTOMORROW X TOGETHERとのコラボ曲「Do It Like That」をリリースし、昨年11月にベイリー・ジマーマンをフィーチャーした「Strong Enough」を公開した。

暮らしとモノ班 for promotion
いつもAmazonで買っている水やドリンクがもっとお得に!「飲料サマーセール」開催中