メイン画像
この記事の写真をすべて見る

28日の北陸地方は、富山県を中心に短時間の強い雨や道路の冠水等に十分注意して下さい。また、令和6年能登半島地震で揺れの⼤きかった地域では地盤の緩んでいる所があります。少しの⾬でも⼟砂災害の危険度が⾼まるおそれがあり、危険な場所には近づかないようにして下さい。

中小河川や用水路の急な増水 道路の冠水等に十分注意

画像A

このあと、寒冷前線が北陸地方を通過するでしょう。明日(28日)は、前線を伴った低気圧が西日本から東日本の南岸を発達しながら東進する見込みです。低気圧や前線に向かって、台風第1号起源や高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込み、本州付近では大気の状態が非常に不安定となるでしょう。北陸地方でも局地的に雨雲が発達し、富山県を中心に1時間に25ミリの強い雨や雷雨の所があるでしょう。中小河川や用水路の急な増水、道路の冠水等には十分注意して下さい。

僅か二日足らずで5月の1か月分の降水量を超える所も 災害リスク高まる

画像B

5月の1ヵ月分の平年降水量は、富山は122.8ミリ、高岡の伏木は115.4ミリです。27日18時からの29日18時までの48時時間の予想降水量は、多い所で200ミリが見込まれています。これは平年の1か月分を大きく超える降水量で、これだけの雨量が短時間に降ると、土砂災害などの災害リスクが急激に高まります。雨の降り方には十分に注意・警戒し、安全な所で過ごすようにして下さい。