メイン画像
この記事の写真をすべて見る

関西では、27日(月)は雨が降りやすくなるでしょう。雨のピークは28日(火)で、活動の活発な前線が通過するため、大阪や和歌山などで警報級の大雨となる恐れがあります。休日のあいだも最新の天気予報を確認し、大雨への備えは早めにしておきましょう。

27日(月)は雨が降ったりやんだり  傘が手放せず

画像A

27日(月)は、日本海に延びる前線が南下し、西日本に近づく見込みです。関西は雨が降ったりやんだりで、傘が手放せないでしょう。時間とともに暖かく湿った空気の流れ込みが強まるため、夜ほど雷雲が発達しやすくなりそうです。突然の雷雨や短い時間にザッと降る強い雨に注意をしてください。

雨のピークは28日(火) 大阪や和歌山などで警報級の大雨の恐れ

画像B

28日(火)は、日本海に延びる前線が関西をゆっくりと南へ通過するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動は活発になる見込みです。関西では、28日は広く本降りの雨となり、前線が通過するタイミングを中心に雷が鳴ったり、短時間に集中して雨が降ったりする所があるでしょう。南風が吹きつける南部では、断続的に強い雨が降り、雨量が多くなりそうです。暖かく湿った空気の流れ込みの度合いによっては、大阪や和歌山などで警報級の大雨となる恐れがあります。また、沿岸部を中心に風が強まり、荒れた天気となるでしょう。

なお、今夜にも発生するとみられる台風1号の動きにも念のため注意が必要です。進路によっては関西への暖かく湿った空気の流れ込みがさらに強まることが考えられます。最新の情報を確認するようにしてください。

大雨への備え 危険な場所の確認を

画像C

実際に大雨が発生したら、適切な対応ができるよう、事前に確認しておくことが大切です。安全を確保するために以下の点に注意してください。

① 河川や用水路には近づかないでください。普段は流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって水かさが増したり、流れが速くなったりします。増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られる恐れがあります。

② 運転の際は、アンダーパスなど低い道路は避けるようにしてください。低い道路には雨水が流れ込みやすいため、すぐに冠水してしまうおそれがあります。車が水没して故障したり、水圧によって、ドアが開かなくなったりして、車内に取り残されると、非常に危険です。無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。

③ 山などの急な斜面はいつ崩れるか分からないため、決して近づかず、斜面とは反対側に避難するようにしてください。土砂災害警戒情報や大雨警報の危険度分布を細かく確認して、状況を常に把握するようにしましょう。

④ 地下は浸水するおそれがあるため、雨漏りなど異変を感じたら地上に移動するようにしてください。地下では、危険を察知することが遅れてしまいがちです。こまめに気象情報を確認し、速やかに地上に移動できるようにしておきましょう。

⑤ 上流にダムのある河川の近くに住んでいる場合は、ダムの水位情報を確認するようにしましょう。大雨が長時間にわたって降り続くと、ダムは決壊を防ぐために放流を始める場合があります。

暮らしとモノ班 for promotion
9000円台から手に入る!大画面で見やすいタブレットのAmazon売れ筋ランキング