メイン画像
この記事の写真をすべて見る

今日21日の関東地方は昼頃までは晴れ間が出るでしょう。最高気温は、昨日20日より大幅に高くなり、東京都心は29℃と、真夏日一歩手前まで上がる予想。夕方から雲が広がり、夜になると所々で雨。

関東地方の天気 夜は所々で雨

画像A

今日21日の関東地方は、高気圧に覆われますが、夜は気圧の谷や湿った空気の影響を受けるでしょう。

関東地方は、雲が多めながらも昼頃までは晴れ間が出る見込みです。夕方から雲が広がり、夜になると、東京都内や埼玉県、神奈川県など山沿いを中心に平野部でもあちらこちらで雨が降りそうです。範囲は広くはなく局地的ですが、ザッと雨脚が強まることもありそうです。お出かけの際に晴れ間が出ていても、夜お帰りが遅くなる方は、雨具をお持ちになると安心です。日中は紫外線が降り注ぎますので、晴雨兼用傘があると便利でしょう。

最高気温 東京都心は29℃予想

画像B

今日21日の関東地方の最高気温は、昨日20日より大幅に高くなるでしょう。25℃以上の夏日になる所が多い見込みです。東京都心は昨日20日より8℃も高く、29℃の予想です。谷も29℃の予想で、真夏日一歩手前まであがるでしょう。東京都心は今年一番の暑さになる可能性があります。また横浜は昨日20日より6℃高く28℃、宇都宮も28℃の予想です。6月下旬から7月上旬並みの気温になるでしょう。真夏ほどの蒸し暑さはありませんが、汗ばむほどの暑さになりそうです。

日々の寒暖差が非常に大きく、体調を崩しやすくなります。またまだ暑さに慣れていない時期で暑熱順化がうまくできていない方も多いと思いますので、無理なく、こまめな水分補給を心掛けてお過ごしください。

熱中症予防のポイント

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 暑くなり始めの頃から、暑さに備えて体づくりを行いましょう。「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる運動を、毎日30分程度行い、体を暑さに慣れさせてください。
② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。
③ 暑さを我慢せず、エアコンを使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、室温を確認しながら調節するとよいでしょう。特に、換気を行う場合はこまめに再設定してください。もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。