この記事の写真をすべて見る

教育委員会および学校関係者の方を対象にオンラインミーティングを随時開催いたします。

- 株式会社Edd

リアルタイム個別指導サービス「Quick Teacher(クイックティーチャー)」を提供する株式会社Edd(東京都新宿区、代表取締役 釣田亮)はこのたび、経済産業省が実施する「働き方改革支援補助金2024」の事業者として採択されましたことをお知らせいたします。

■ Quick Teacher(クイックティーチャー)とは?
東大・京大・医学生等の講師陣から24時間365日、全教科全科目の学習サポートが受けられるリアルタイム個別指導サービスです。
授業準備や部活動、事務作業など多忙な日々の中で「生徒全員の対応には限界がある」というお声をよくいただきます。クイックティーチャーは認定率10%以下の講師陣が家庭学習や補習時間などのサポートを担うことで、生徒一人ひとりの理解度やペースに合わせた個別最適な支援を実現します。
地方や経済的に恵まれない家庭の生徒に対しても高品質な教育サポートを提供し、教育格差の解消に寄与することを目指しています。

ホームページ

オンラインミーティングのご案内本補助金を活用してクイックティーチャーの試験導入を希望する高等学校・自治体の募集開始にあたり、オンラインミーティングを随時開催いたします。

開催日時
5月20日(月)~5月28日(火)

募集対象
全国の高等学校・自治体・教育支援センター

内容(所要時間:30分程度)
1.「クイックティーチャー」のご案内
2. 導入に際しての注意点
3. 質疑応答

お申し込み締切
2024年5月27日(月)正午

ご留意点
学校活動支援サービスの導入には審査があり、補助金を活用しての導入が行えない場合もございます。オンラインミーティングへのお申込みが補助金活用(無償導入)を確約するものではございませんので予めご了承ください。

参加お申し込み方法
事前申込制です。以下のページよりご希望の日時をご選択のうえお申込みいただけます。
オンラインミーティング申し込みページ

■ 働き方改革支援補助金2024について
経済産業省が実施する「働き方改革支援補助金2024」は、教職員の業務効率化や省力化を図るため、学校活動支援サービスの導入を行う事業者に対して経費を補助する取り組みです。学校や自治体など教育機関は、令和6年度(2024年度)の対象期間中、無償で学校活動支援サービスを導入・利用できます。
事業実施期間:交付決定(6月中旬予定)~3学期まで活用可能

「働き方改革支援補助金2024」Webサイト:https://school-manabi.go.jp/

ユーザーの声(一部抜粋)
生徒
ずっと悩んでいた問題がすぐに解決できました!(高校1年生)

対面での質問が苦手だったのですが、チャットなので積極的に質問できるようになりました!(中学2年生)

効率的に学習を進めることができ、解き方のコツも丁寧に教えていただけるので数学の成績が上がりました!(高校3年生)

保護者
いつでも「聞ける・解ける」の安心感があります。

どんなときも身近に先生がいて、親としてとても心強いです。

積極的に質問するようになり、子どもの学習理解度が向上していることを感じています。

導入団体
生徒や保護者とのコミュニケーションなどに時間を増やすことができました。

いつも迅速に対応してくださり、生徒からも「分からない問題がすぐに解決できて良い!」とのお声を頂いて助かっています。

業務量の効率化を大きく図れました。細かな個別対応や合理的な指導を目指す当塾にとってとても良いサービスです。

どの問題を質問したのかを把握することができるため、その子の弱点やつまずきポイントを詳細に把握することができます。当塾にとって必需アイテムです。

■会社概要

会社名:株式会社Edd(エッド)
所在地:東京都新宿区西新宿4丁目32-6
代表者:代表取締役社長 釣田亮
設立:2022年5月
サービスHP:https://quickteacher.jp/

代表について
大学卒業後に2年間の海外生活を経て、公立小学校教員として7年間従事。その後AI型教材を開発する企業に転職し、2022年5月に株式会社Eddを設立。教員時代、家庭の経済力によって学力差が広がっていく現実を幾度と目の当たりにしたことから教育格差を解消したい思いが募り、誰もが質の高い学習サポートを受けることができる「クイックティーチャー」をリリース。全国50以上の学習塾・不登校支援・放課後学習・社会人スクールへ提供し、1,500名を超える生徒様にご利用いただいております。