TVCM『ひと息ついたら、景色が変わって見えた。』篇5月13日(月)より全国で順次放映開始 消費者体験型コンテンツ「毎ドラ部」から「AI明日メーカー」をローンチ

- 日本コカ・コーラ株式会社

 コカ・コーラシステムは、基幹コーヒーブランド「ジョージア」において、2023年春よりブランドを刷新し、「毎日って、けっこうドラマだ。」のキャンペーンメッセージを掲げて各種広告・コミュニケーション活動を展開しています。
 このたび、ブランド刷新2年目を迎え、さらなる「ジョージア」ブランドの成長を加速させるため、2024年5月13日(月)より、向井理さん(俳優)、浜辺美波さん(俳優)、河村勇輝さん(プロバスケットボール選手)をブランドセレブリティに起用し、3名の新たな広告ビジュアルを展開すると同時に、店頭からデジタルまで幅広いコミュニケーション活動をスタートします。
 米津玄師さんの書き下ろし新楽曲『毎日』をCMソングに起用し、向井さん、河村さんが出演する新TVCM『ひと息ついたら、景色が変わって見えた。』篇を2024年5月13日(月)より全国で放映開始します。さらに、消費者参加型デジタルコンテンツ「毎ドラ部 presented by GEORGIA(以下、「毎ドラ部」)」から、パーソナライズされたAIならではのユニークな占いを楽しめる新体験コンテンツ「AI明日メーカー」をローンチするほか、創刊45周年を迎える「ヤングジャンプ」との各種キャンペーンを順次展開します。
 「ジョージア」は、本活動を通じて、日常に寄り添うコーヒーブランドとして「ジョージア」のブランド価値をお届けしながら、前向きな気持ちを後押しするコーヒー体験をお届けします。

「ジョージア」ブランドセレブリティプロフィール
向井理さん
1982年生まれ神奈川県出身。2006年にTVドラマ「白夜行」で俳優デビューを果たす。2011年「僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia.」で映画初主演。その後ドラマ・映画・舞台と様々な役を演じる。近年の出演作はドラマ「警部補ダイマジン」(テレビ朝日)、「パリピ孔明」(フジテレビ)、映画「イチケイのカラス」などがある。2024年は主演ドラマ「ダブルチート 偽りの警官 Season1」(テレビ東京)、6月から舞台「ウーマン・イン・ブラック」に出演。

浜辺美波さん
2000年8月29日生まれ。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションニュージェネレーション賞を受賞。 同年『浜辺美波~アリと恋文~』(三木孝浩監督)で女優デビュー。2017年に、映画『君の膵臓をたべたい』第41回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ数々の賞を受賞。近年の主な主演作は、『シン・仮面ライダー』ヒロイン緑川ルリ子役、NHK 2023年度前期 連続テレビ小説『らんまん』ヒロイン槙野寿恵子役、映画『ゴジラ-1.0』ヒロイン大石典子役など。2023年大晦日には第74回NHK紅白歌合戦の司会を担当。2024年に映画『シン・仮面ライダー』で第47回日本アカデミー賞助演女優賞、映画『ゴジラ-1.0』で第47回日本アカデミー賞主演女優賞をはじめ数々の賞を受賞。今後は映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』主演西村理沙役、映画『六人の嘘つきな大学生』主演嶌衣織役で出演予定。

河村勇輝さん
2001年5月2日生まれ。山口県柳井市出身。Bリーグの横浜ビー・コルセアーズ所属。ポジションはポイントガード。福岡第一高校ではウインターカップ2連覇を含む4度の日本一を経験。高校在学中に特別指定選手としてBリーグデビューを果たし、東海大学では初年度にインカレ制覇を達成。22年3月に大学中退および横浜ビー・コルセアーズとのプロ契約を発表し、2022-23シーズンはレギュラーシーズンMVP、新人賞など史上初の個人タイトル6冠を手にする。日本代表デビューは22年7月のW杯アジア地区予選。代表最年少で迎えた2023年のW杯では平均13.6点、大会3位の7.6アシストをマークし、アジア最上位&パリ五輪出場権獲得に貢献した。

米津玄師さん書き下ろし新楽曲『毎日』、新TVCMへの起用決定
 2023年春、「ジョージア」のブランド刷新と同時に楽曲『LADY』を書き下ろしていただいた米津玄師さんによる、新たな書き下ろし楽曲『毎日』を、全国で5月13日(月)より順次放映する新TVCMに起用します。米津玄師さんによる日常が描かれた楽曲とともに、「ジョージア」のブランド価値を印象強く届けます。

新TVCM『ひと息ついたら、景色が変わって見えた。』篇、5月13日(月)より全国で順次放映開始
 米津さんの書き下ろし楽曲『毎日』と共にCMは開始します。オフィスワーカー役の向井さんは、同僚たちと仕事に没頭。「ジョージア」を一口飲んで前向きな気持ちなった向井さんは仕事を再開します。シーンは変わりバスケットボールコートでは、放ったボールがゴールから外れて、悔しい面持ちを浮かべる河村さん。そんな練習の帰り道、道端のコートでは楽しそうにバスケットボールをする若者たちが。
「ジョージア」を一口飲んだ河村さんは、若者に交じってバスケットボールを楽しみます。CMの後半では、「ひと息ついたら、景色が変わって見えた。」というナレーションと共に、休憩時間や運動後、さまざまな場面で「ジョージア」を楽しむ人々たちの映像が連なり、最後には「毎日って、けっこうドラマだ。」と、「ジョージア」のブランドメッセージでCMは締めくくられます。どんな場面でも、「ジョージア」を飲んでひと息つくと、景色が変わって見えて少し前向きになれる、そんなメッセージを表現したCMをお楽しみください。

タイトル :『ひと息ついたら、景色が変わって見えた。』篇(15秒/30秒)
放映開始日 :2024年5月13日(月)
YouTube URL:15秒 https://youtu.be/So-EvcXT7sg
       :30秒 https://youtu.be/upV9-ToWgVE

生成AIの新体験コンテンツ第3弾は未来の自分を予想できる!?「AI明日メーカー」

「毎ドラ部」は、「毎日って、けっこうドラマだ。」というブランドメッセージを体現した、消費者の毎日に寄り添う体験施策を集約するウェブコンテンツです。「ジョージア」ブランド初の生成AI体験施策として、2023年3月に第1弾としてリリースされた「AIイラストメーカー」のイラスト生成総数は145万回※を突破し、多くの方に利用いただいています。
 このたび、生成AI技術を活用した第3弾コンテンツとして「AI明日メーカー」を、2024年5月13日(月)よりローンチします。 「AI明日メーカー」は、今の気持ちや興味関心事から、パーソナライズされたAIならではのユニークな未来が占えるコンテンツです。
 誰でも手軽にお楽しみいただくことができ、AIが生成したユーモアのある占い結果によって、体験者が前向きになるような気持ちを後押しします。
※2024年5月1日時点

「AI明日メーカー」サイトURL:https://mydrabu.georgia.jp/ashitamaker/

『毎ドラ部』をリアルで体験できる『ジョージア毎ドラ部パーク』が全国10都市で開催!

 「ジョージア」は、2024年5月18日(土)~8月25日(日)の週末限定で「毎ドラ部」の人気コンテンツを体験できるイベント「ジョージア毎ドラ部パーク」を全国10都市(沖縄、福岡、大阪、名古屋、東京エリア、埼玉、石川2会場、秋田、北海道)で開催します。イベントでは、最新コンテンツの「AI明日メーカー」の体験をはじめ、「AIソングメーカー」で生成した楽曲タイトル、歌詞、ジャケットが印刷されたオリジナルラベルボトルが作れるブースや、会場限定の抽選会も開催します。
詳しくは、「ジョージア毎ドラ部パーク」サイトおよび、公式Instagramをご参照ください。
※開催日程は変更の可能性あります。
※実施場所によってコンテンツが異なります。

「ジョージア毎ドラ部パーク」サイトURL:https://mydrabu.georgia.jp/park/
「ジョージア毎ドラ部」公式Instagram URL:https://www.instagram.com/georgia_mydrabu

「ジョージア」×「ヤングジャンプ45周年」コラボキャンペーンスタート!
 5月13日(月)より、創刊45周年を迎える集英社の「週刊ヤングジャンプ」とコラボレーションしたキャンペーンをスタートします。
 本キャンペーンは、二次元コードが記載されている「ジョージア」対象製品を購入し、集めたポイントで応募すると「ジョージア」と「ヤングジャンプ45周年」との豪華コラボグッズが総計10万名様以上に当たるほか、対象店舗での対象製品購入で「ジョージア×ヤングジャンプ45周年コラボ クッションポーチ」がもらえたり※、話題の「ヤングジャンプ」7作品のキャラクターが登場する「ジョージア×ヤングジャンプ45th コラボLINEスタンプ」を8月29日(木)までの期間限定で必ずもらえます。
※なくなり次第終了。一部取り扱いのない店舗がございます。

「ジョージア」ブランドサイト:https://www.georgia.jp/
「ジョージア」公式X   :https://twitter.com/GEORGIA_JAPAN
「毎ドラ部 presented by GEORGIA」サイト:https://mydrabu.georgia.jp
「ジョージア 毎ドラ部」公式Instagram:https://www.instagram.com/georgia_mydrabu