NIKI、軽やかな新曲「Too Much Of A Good Thing」のMV公開

 インドネシア・ジャカルタ出身、現在は米ロサンゼルスを拠点とするシンガーソングライター、プロデューサーのNIKI(ニキ)が、通算3作目となるニュー・アルバム『バズ』を2024年8月9日に<88rising>からリリースすることを発表した。同時に先行シングル「Too Much Of A Good Thing」を解禁した。

 この軽やかな新曲は、皮肉を込めた正直すぎる歌詞を伴って、新たな恋に出会った時のフィーリングを自然に伝えてくれる。しなやかなベースギターと安定したビートに乗せて、彼女はこう歌い始める。「そうね、あなたは私を悲しませそうに見える/そして私は調子のいい日には暗闇で高嶺の花に見えるの」この曲は、NIKIの友人でプロデューサーのイーサン・グルスカと共同プロデュースされており、彼はこれまでにフィービー・ブリジャーズ、ボン・イヴェール、キンブラらと楽曲制作に携わってきた。

 NIKIは、この新曲について、「欲望と想像力と、それらが生み出す興奮と非礼な遊び場についての愉快で皮肉が込められた曲です。誰もが知っている初恋のトキメキと、足取りが軽くなるあの恋のフィーリングが歌われ、ソニック的にもタイムレスで、無敵と思える瞬間に闊歩するかのようなグルーブ感で表現されていると思います。才能豊かな私の友人、イーサン・グルスカと一緒に、私がフリートウッド・マックやザ・ビートルズをたくさん聴いていた時に書きました。初期に生まれたアイデアのひとつであり、このアルバム全体に影響を及ぼしました」と語っている。


◎リリース情報
シングル「Too Much Of A Good Thing」
配信中
https://niki.lnk.to/TMOAGT

アルバム『バズ』
2024/8/9 RELEASE
https://niki.lnk.to/Buzz