メイン画像

昨日(5月7日)午後から今朝(8日)にかけて、道内では平地でも雪やみぞれとなった所がありました。明日(9日)朝にかけての最低気温は一部で氷点下となるなど、路面凍結の恐れがあります。

昨日(7日)午後から今朝(8日)にかけて雪の所が

北海道上空には昨日(7日)午後から寒気が流れ込み、今朝(8日)にかけて道北や道東方面を中心に平地でも雪やみぞれとなった所がありました。
今日正午までの24時間降雪量は、宗谷地方の稚内市沼川で3センチ、宗谷地方の中頓別、網走地方の佐呂間、十勝地方の浦幌で1センチを観測しました。

明日(9日)にかけて路面凍結に注意!

画像B

明日(9日)朝にかけての最低気温は、道央や道南方面、道東は3℃くらいの所が多く、道北やオホーツク海側は0℃前後の見込みです。特に内陸では旭川でマイナス1℃など、氷点下の所もありそうです。

天気は回復傾向ですが、道東方面を中心に雨や雪の残る所があるでしょう。また、峠や山間部だけでなく内陸の平地などでも、昨日からの雨や雪によって濡れた路面が凍結する恐れがあります。明日にかけて、車の運転などは十分な注意が必要です。
既に冬タイヤから夏タイヤへ交換している場合は、路面状況をよく確認し、峠道は控えるなど無理な外出をしないように心がけてください。