メイン画像

今日7日は、紀伊半島や東海を中心に局地的にどしゃ降りの雨が降っています。関東も沿岸部を中心に雨や風が強まっている所があります。午後は東海は雨や風のピークは越えますが、関東は午後から次第に強風エリアが広がる見込みです。また、沿岸部ほど横殴りの雨に注意。

今日7日 紀伊半島や東海でどしゃ降りの雨

画像A

今日7日は、寒冷前線が本州付近を通過中です。前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込んで、大気の状態が不安定となっています。

西から雨は上がってきていますが、東海は局地的にどしゃ降りの雨が降っています。午前11時現在、静岡県浜松市天竜では1時間に20.0ミリのどしゃ降りの雨を観測しました。(午前10時18分まで)また、岐阜県揖斐川町では、1時間に19.0ミリのやや強い雨が降りました。(午前8時30分まで)

関東も千葉県や茨城県など沿岸部を中心に、局地的に雨や風が強まっています。

午後は都内にも再び雨雲 夕方にかけて沿岸部ほど雨風強まる

画像B

午後は東海は雨や風のピークは越えますが、関東は午後は沿岸部ほど活発な雨雲がかかりやすく、強まる雨に注意が必要です。また、風も時折強く吹く見込みで、傘が差しにくくなるような風の吹き方になる所があるでしょう。
関東南部を中心に、午後はさらに強風エリアが広がる見込みです。沿岸部ほど横殴りの雨にご注意ください。

帰宅時間帯は局地的に雨 今夜まで強風続く

画像C

帰宅時間帯にあたる午後6時以降になると、ほとんど雨雲は関東の東の海上に抜ける見込みです。ただ、完全には抜けきれず、千葉県や神奈川県、茨城県を中心に所々に雨雲がかかるでしょう。いったん雨がやんでも、再び雨の降る所もありそうです。
今夜にかけて強風は続く見込みです。特に、沿岸を車で走行する際などは、ハンドルととられないように注意をしてください。