メイン画像

今日5日、長野市で最高気温が30℃を超えるなど、真夏並みになった所がありました。季節外れの暑さはゴールデンウイーク明けに一旦収まるでしょう。次の週末は再び暑くなる見込みです。季節外れの暑さといっても、夏の蒸し暑さとは違います。この時期らしく、日差しを避けると、すがすがしい日も多いでしょう。

今日5日「立夏」 30℃超も カラッとした暑さ

画像A

今日5日は、二十四節気のひとつ「立夏(りっか)」、暦の上では夏の始まりです。

午後4時までの最高気温は、平年より高くなった所が多くなりました。長野市32.9℃で真夏並み、松江市30.4℃で7月中旬並みになりました。

気温の数字をみると季節外れの暑さではありますが、最小湿度は長野市12%、松江市17%など低めで、まだ夏の蒸し暑さとは違います。

正午の天気図をみると、沿海州と黄海にそれぞれ低気圧、日本の東に高気圧の中心があります。これは、日本付近に南から暖かい空気が流れ込む気圧配置です。

ゴールデンウイーク明けは荒天 暑さは収まる

明日6日振替休日からゴールデンウイーク明け7日にかけて、低気圧が前線を伴って日本海北部を東進する見込みです。広く雨が降り、雷雨や激しい雨になる所もあるでしょう。大雨になることもある見込みです。風も強まりそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風にご注意ください。広く強風にも注意、九州北部では暴風に警戒が必要です。

この雨の後は、日本付近は比較的冷たい空気に覆われるでしょう。天気は回復に向かう一方、暑さは収まりそうです。週半ばの最高気温は、九州から関東でも20℃に届かないなど、晴れ間が出たとしても平年より低くなる所があるでしょう。気温の大きな変化で、体調を崩さないようお気をつけください。

次の週末は再び暑く 晴れる日は空気カラリ

画像C

次の週末には、沿海州付近が低気圧、日本のはるか東が高気圧となり、日本付近に南から暖かい空気が流れ込みやすくなるでしょう。5月の半ば頃にかけて、低気圧が日本付近を東進し、天気が崩れることがありますが、全国的に高温傾向です。最高気温は、九州から関東を中心に25℃以上の夏日が続く所が多い予想です。

晴れる日は空気がカラッとしていて、日差しを避けると、この時期らしくすがすがしい日も多いでしょう。

暑さの質は、夏とは違いますが、紫外線は強まっています。外出の前に日焼け止めを塗るなど対策をするとよいでしょう。熱中症対策も必要です。こまめな水分補給を心がけてください。