メイン画像

連休最終日の6日(月)は、西日本を中心に雨が降り、大雨になる所もある見込みです。交通機関に乱れが生じる恐れもありますので、お出かけや帰省先からのお帰りには時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

連休最終日は大雨の恐れも

画像A

連休最終日の6日(月)は、日本海を前線を伴った低気圧が進み、前線が西日本を通過する予想です。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になるでしょう。

九州では前日5日(日:こどもの日)の夜から雨が降り出し、6日(月)の朝まで雨脚の強まる所もありそうです。中国地方や四国にも雨の範囲が広がり、午前を中心に降り方が強まる時間や雷雨となる所あるでしょう。午後になると近畿や東海でも、大雨の恐れがありますのでご注意ください。

ゴールデンウィークということで、旅行や帰省されている方も多いと思います。最終日にお帰り時に交通機関に影響を及ぼす恐れもあります。時間に余裕をもって行動して、安全に帰宅の途についてください。

雨でも蒸し暑い

画像B

関東や北陸、東北は、晴れ間はありますが、徐々に雲が多くなり、夜は北陸なと一部で雨の降ることがあるでしょう。北海道は温暖前線の影響で雨の降る所が多くなりそうです。

最高気温は、日差しの届く関東や東北、北陸、午後になると天気が回復に向かう九州は25℃前後まで上がるでしょう。暖かく湿った空気の影響で湿度は高く、蒸し暑く感じられそうです。引き続き、こまめに水分をとるなど、熱中症には注意が必要です。雨の降る時間の長い中国地方や四国、近畿、東海は20℃前後、北海道は20℃に届かない所が多いでしょう。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像C

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。