メイン画像

今日3日(金)の北海道付近は、道北など一部で曇っているほかは広く晴れており、気温は平年より高めの所が多くなっています。明日4日(土)と5日(日)も広く晴れ間があり、お出かけ日和が続く見込みです。しかし、ゴールデンウィーク最終日の6日(月)は天気が下り坂となり、雨具が必要となりそうです。

5日(日)まで広く日ざしや晴れ間あり 6日(月)は午後を中心に雨

画像A

●明日4日(土)は、本州方面を移動する高気圧の張り出しの中となり、広く晴れ間や日ざしが出るでしょう。北見などオホーツク海側や太平洋側東部の内陸では夜に雨の所がありますが、霧雨や小雨程度の見込みです。最高気温は、海風の入るオホーツク海側の沿岸で平年より低く、10℃に届かない所がありますが、その他は全般に平年並みか高く過ごしやすい陽気となりそうです。
●明後日5日(日)は、日本の東から張り出す高気圧の圏内となり、天気の大きな崩れはない見込みです。海風の入りやすい太平洋側では雲が広がりやすくなりますが、日本海側やオホーツク海側を中心に広く晴れ間が出るでしょう。最高気温は平年並みか高く、札幌や旭川では20℃以上となる見込みです。オホーツク海側も気温が高くなり、網走は15℃くらいの予想です。
●6日(月)は、日本海から低気圧を含む気圧の谷がのびてくるため、各地とも雲に覆われ、午後は日本海側や太平洋側西部から雨が降り出すでしょう。外出の予定のある方は、雨具の準備をしておくとよさそうです。最高気温は平年並みか低くなるでしょう。日差しはほとんどなく、風がやや強まるため、実際の気温よりも低く感じられそうです。羽織る物は暖かめのものがよいでしょう。

7日(火)~8日(水)は広く雨 気温は低く、肌寒い

●7日(火)は、全道的に雨が降り、日本海側北部や太平洋側を中心にややまとまった量の雨が降りそうです。最高気温は各地とも平年より低くなるでしょう。
●8日(水)は、太平洋側を中心に雨となりますが、札幌周辺では天気が回復する見込みです。最高気温は平年並みか低いでしょう。
●9日(木)は、天気が回復し、各地で日差しが戻りそうです。最高気温は平年並みかやや低めの所が多くなります。
●10日(金)は、広く晴れて、最高気温は平年並みか高くなるでしょう。

連休明けは雨で気温も低めとなりますが、7日(火)と8日(水)を乗り切れば、再び過ごしやすい陽気が戻ってきそうです。