2024年7月13日(土)~9月1日(日)@なんばスカイオ 7Fコンベンションホール 奇跡の化石・トリケラトプス「レイン」の復元全身骨格&対峙するティラノサウルス「スタン」公開

- テレビ大阪株式会社

『DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~ 2024@OSAKA』キービジュアル 
横浜・六本木で29万人超を動員した体験型恐竜展『DinoScience 恐竜科学博』。
今夏、関西初の開催が大阪・なんばで決定いたしました。
会場:なんばスカイオ 7Fコンベンションホール
会期:2024年7月13日(土)~9月1日(日) の51日間

◇映像・音+ストーリーで魅せる恐竜の世界失われた大陸「ララミディア大陸」を舞台に、多彩な骨格標本と最新の技術を駆使し、科学的な視点から恐竜の姿に迫ります。幼いトリケラトプスの子どもと一緒に森を歩きながら、恐竜たちが生きる世界に没入する体験ができる新しい恐竜展です。
6600万年の時を超えて完全な姿をとどめる奇跡の化石「レイン」最新研究×CG映像で描くリアルな恐竜世界幼いトリケラトプスの冒険を追体験できるストーリー型展示ソニーのLocatone(TM)(ロケトーン)を活用した、耳で“恐竜の世界”が体験できるサウンドアトラクション
〈ララミディア大陸とは〉
約1億年前から6600万年前にかけて、現在の北米大陸西部に存在した、失われた大陸。トリケラトプスやティラノサウルスなど、究極の進化を遂げた恐竜たちが生きていた最後の楽園です。

◇企画・監修(C)Masashi Tanakaサイエンスコミュニケーター
恐竜くん(田中 真士)
幼い頃に恐竜に魅せられ16歳でカナダに留学。恐竜研究が盛んなアルバータ大学で古生物学を学ぶ。卒業後は恐竜展の制作・ 監修、トークショーや体験教室の開催、イラスト制作など幅広く活動。本展では企画の立案・構成から解説の執筆、標本収集、CG映像監修、キービジュアルや展示のイラストまで全て自ら手がけている。

◇イベント概要【タイトル】DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~ 2024@OSAKA
【会期】2024年7月13日(土)~9月1日(日) の51日間
【会場】なんばスカイオ 7Fコンベンションホール
【主催】テレビ大阪株式会社、株式会社フロンテッジ
【協賛】大阪ガス
【技術協力】ソニー株式会社
【特別協力】ブラックヒルズ地質学研究所
【企画・監修】恐竜くん(田中 真士)
【公式X】@DinoScience_jpn (https://twitter.com/DinoScience_jpn)
【公式Instagram】@dinoscience_jpn (https://www.instagram.com/dinoscience_jpn)
*ワークショップのサテライト会場として、大阪ガス・ハグミュージアムでも同期間中に恐竜ワークショップDinoCampを開催します。(ハグミュージアムTOP:https://www.osakagas.co.jp/showroom/hug/index.html )

チケット情報等、詳細は後日発表いたします。
内容は都合により変更となる場合がございます。