ゆでたまご嶋田先生、ミノワマンZさん、沼津市長らが登壇ゆでたまご先生「ミュージアムをきっかけにキン肉マンの夢“キン肉マンランド”を作りたい」

- 株式会社アドビッグ

全国で初めてとなる常設展示場「キン肉マンミュージアム in 沼津」を2024年4月29日(月)に開業いたします。キン肉マンミュージアムは、「夢の超人タッグ編」で描かれたトーナメント・マウンテンの舞台である富士山へとつながる街である静岡県沼津市内にオープン。1階には、「キン肉マン」の関連グッズを集めた物販コーナーと、今後は漫画や関連書籍を楽しめるフリースペース、2階には、キン肉マンやテリーマンなど等身大の超人フィギュアや、キン肉バスターをかけているような写真が撮影できるフォトスポット、45枚の複製原画、制作過程でお蔵入りした未使用原稿集、ゆでたまご先生が実際に仕事で使っているペンなど見応えのあるコンテンツが多数用意されています。
※今後コンテンツは変更になる可能性があります

開業に先駆け、4月28日(日)にオープニングセレモニーが行われました。オープニングセレモニーには、ゆでたまご嶋田先生、キン肉マンミュージアム館長のミノワマンZさん、キン肉マンミュージアム制作委員会 大谷委員長、沼津市長の賴重秀一氏、自民党衆議院議員のかつまた孝明氏、立憲民主党衆議院議員のわたなべ周氏らが登壇しました。

冒頭の挨拶では、ゆでたまご先生は「ご縁あって初めて沼津市を訪れた時、山もあり海もあり、食べ物も美味しい、とても素晴らしい土地だと思いました。しかも、富士山がきれいに見える。夢の超人タッグ編に出てくるトーナメントマウンテンは富士山の隣に建設されたという設定です。この富士山にも非常にご縁を感じていましたので、沼津市にキン肉マンミュージアムを作ることができて本当に嬉しいです。」と喜びを語りました。

館長のミノワマンZ氏は、「キン肉マンに憧れ、キン肉マンのように強くなりたいと思い、プロレスラーになりました。そして、キン肉マンのマンを本名美濃輪の名前に付けてミノワマンになりました。キン肉マンがなければ今の自分はなかったです。このキン肉マンミュージアムから盛り上げてパワーのある町にしましょう!!」と熱い想いを語りました。
沼津市長は「沼津を代表する仲見世商店街においては、活性化も極めて重要であります。その核となる施設が、必要であるということを捉えさせていただきました。昔の子供も今の子供も楽しめる、幅広い方々に、このミュージアムを楽しんでいただく、 そんな拠点ができたということは、本当に沼津市としては大変光栄であると考えております。」と地域との連携ついて語りました。

入場料は、大人1,000円、シニア900円、高校生・中学生700円、4歳以上500円。現地でのみ購入可能。
※今後はプレイガイドなどでの販売を予定しております

物販エリアでは、ミュージアム限定のTシャツ(¥4,950)やステッカー(¥330)、「第1回宇宙超人タッグトーナメント」のポスター(¥1,100)など、キン肉マンミュージアムでしか手に入らない限定グッズも多数販売します。

<オープニングセレモニー登壇ゲスト 敬称略>
・ゆでたまご嶋田隆司
・キン肉マンミュージアム館長 ミノワマンZ
・キン肉マンミュージアム制作委員会 委員長 大谷 諒
・キン肉マン
・沼津市長 賴重 秀一
・自民党衆議院議員 かつまた孝明
・立憲民主党衆議院議員 わたなべ周

キン肉マンミュージアム 施設概要

・所在地:〒410-0801 静岡県沼津市大手町 5-2-15 1F/2F
・SNS:X (https://twitter.com/kin29man_museum)
Facebook (https://www.facebook.com/kin29manmuseum)
・公式HP:https://kin29man-museum.com/ 
・営業時間:10:00-18:00
・定休日:毎週水曜日
・入場料:1,000円(大人、大学生)、900円(シニア)、700円(高校生・中学生)、500円(4歳以上)
*全て税込価格
・チケット:現地にて購入いただき、今後はプレイガイドでも販売いたします

登壇者コメント

■ゆでたまご嶋田先生 ご挨拶(抜粋)
ご縁あって初めて沼津市を訪れた時、山もあり海もあり、食べ物も美味しい、とても素晴らしい土地だと思いました。しかも、富士山がきれいに見える。夢の超人タッグ編に出てくるトーナメントマウンテンは富士山の隣に建設されたという設定です。
この富士山にも非常にご縁を感じていましたので、沼津市にキン肉マンミュージアムを作ることができて本当に嬉しいです。18歳の時の自分は、まさか「キン肉マンミュージアム」が出来るなんて、想像もできなかったと思います。キン肉マンミュージアム制作委員会の発足から、いよいよ明日オープンという今日この日を迎え、思い描いた以上のものが完成し、感無量です。45年前の18歳の自分の教えてあげることができたら、もっと励みになると思います。アニメの中で出てくる、キン肉スグルの夢に「キン肉マンランドを作りたい」というものがあります。このミュージアムオープンをきっかけに、夢に向かってまだまだ頑張っていきたいと思います。これから訪れていただくお客様には、ぜひこの展示の素晴らしいクオリティを楽しんでいただきたいと思います。キン肉マンやウォーズマン、ロビンマスク達の等身大のフィギアの迫力に圧倒されることでしょう。また、漫画家「ゆでたまご」としての歩みをご覧いただける複製原画の展示室は、特に漫画家を志している方にご覧いただきたいです。今はデジタルで漫画を描かれる方も多いですが、筆跡や写植など、アナログならではの質感をご覧いただき、創造の糧としていただきたいです。

■ミノワマンZ ご挨拶(抜粋) 
宇宙超人ミノワマンZです。キン肉マンミュージアムの館長になりました。今年の頭に製作委員会の方から館長をやっていただけないかとご指名をいただきまして、迷いなく、即答しました。キン肉マンに憧れ、キン肉マンのように強くなりたいと思い、プロレスラーになりました。そして、キン肉マンのマンを本名美濃輪の名前にマンを付けてミノワマンになりました。夢の館長です。大人から子供たちまで楽しめると思いますので、僕ら40~60代のキン肉マン世代の人たちにはもちろん、その子供たち、世界のキン肉マンですので海外からも遊びに来てほしいなと思います。
キン肉マンミュージアムでは、キン肉バスターを体験ができたり、等身大のサンシャインがあったりと、子どもの頃、持っていた熱い心を思いださせてくれます。このキン肉マンミュージアムから一緒に沼津に盛り上げてパワーある町にしましょう!!

■沼津市長の賴重秀一市長 ご挨拶(抜粋)
この沼津の地に、キン肉マンミュージアムがオープンでございますが、心より熱くお祝い申し上げさせていただきます。沼津市は、昨年100周年、そして今年が101年目ということで、このような素晴らしいミュージアムがオープンすることができたということは誠にありがたく、改めてご関係いただいた皆様方に対し心から感謝申し上げる次第でございます。誠にありがとうございます。沼津を代表する仲見世商店街においては、活性化も極めて重要であります。その核となる施設が、必要であるということを捉えさせていただきました。
昔の子供も今の子供も楽しめる、幅広い方々に、このミュージアムを楽しんでいただく、 そんな拠点ができたということは、本当に沼津市としては大変光栄であると考えております。これから、キン肉マンにおいても、アニメコンテンツを活用した様々な取り組みを積極的に沼津市としても取り組んでまいりたいと考えてますので、今後もご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。このキン肉マンミュージアムがさらに発展されますことと合わせて、キン肉マンのファンの皆様方がこの沼津市に多くお越しいただき、この沼津の地を愛していただき、楽しんでいただく、そんな機会になればと考えているところでございます。

オープニングセレモニー・館内の様子

ミュージアム限定グッズ