BE:FIRST、【Masterplan】東京ドーム&京セラドーム大阪公演のライブレポート到着

 【BE:FIRST LIVE in DOME 2024 “Mainstream – Masterplan”】東京ドーム/京セラドーム大阪公演のオフィシャルライブレポートが到着したので下記にお届けする。

 2023年11月から約4か月をかけて全国を周ったアリーナツアー【BE:FIRST ARENA TOUR 2023-2024 “Mainstream”】からわずか1週間。追加公演として開催された初のドーム公演【BE:FIRST LIVE in DOME 2024 “Mainstream – Masterplan”】。2021年のデビュー時から、「3年後を目安にドームに立つアーティストになる」と自覚していたBE:FIRST。デビューから2年4か月、有言実行のドーム公演の模様をレポートする。

 3月2日、ドーム公演初日。「2024年にドームでライブを行う」という【BE:FIRST 1st One Man Tour "BE:1" 2022-2023】追加公演でのSOTAのMCが東京ドームに流れ、巨大LEDスクリーンにオープニング映像が流れた。「BE:FIRSTがまた世界を救いました」というアナウンスから始まり、MANATO、JUNON、LEO、RYUHEI、RYOKI、SOTA、SHUNTO……メンバー7人それぞれのバックグラウンドやキャラクターを盛り込んだ学園ドラマのような映像の後、これまでのBE:FIRSTのMVやライブ映像が流れて過去に逆戻り。「すべてはあの時から決まっていたことだったんだ」というMANATOの声が流れた。そう、ドーム公演のタイトルは【Masterplan】。BE:FIRSTにとっては世界にいくための最低条件であり通過点なのだ。

 スクリーンがゆっくりと開き、赤いライトの中、あのリッチなイントロが流れた。デビュー曲「Gifted.」だ。LEOが担う〈どこを探したって僕ら以上はもうあり得ないでしょう?〉という宣言から2年4か月、BE:FIRSTは唯一無二の存在として東京ドームに立った。7人の一挙手一投足はドラマティックであり、広大なドームの隅々までパフォーマンスを届けようという気迫が一瞬で伝わってきた。BE:FIRSTの新たな旅立ちを祝福するかのようにステージから火花が上がった。

 5万人の歓声が上がる中、「Mainstream」へ。シングルの表題曲としては初めてメンバーが1から制作に携わった楽曲であり、J-POPのフォーマットから逸脱したノンタイアップのヒップホップチューンにもかかわらず、音楽チャート全116冠を達成。ど迫力の「Mainstream」にどよめきが上がるが、もちろんBE:FIRSTは手を休めない。

 初めての東京ドームライブとは思えないほどしなやかな躍動感を溢れさせ、この瞬間だけの輝きをスパークさせた「Move On」。サングラスに坊主姿のRYOKIが「行くぜ、ドーム!」とすごみ、場内の温度を上げた。SHUNTOが大きく息を吸い指をくいっと上げて「Milli-Billi」へ。

 「Boom Boom Back」のイントロが流れる中、SOTAが「Whats up東京ドーム! 待ちわびたぜ、今日は世界一作るからな! ここまでついてきたお前らならこの曲の楽しみ方知ってるよな!」と問いかけると歓声が上がった。これまでのライブ以上に熱量を増大させ、歌/ラップ/ダンスを届ける7人。最大規模のBESTY(BE:FIRSTファンの呼称)と過ごす空間だからこそ、音楽の可能性を一層楽しむBE:FIRSTはやはり音楽ファーストのグループだ。

 LEOが一番上のスタンド席を見つめながら「誰も置いていかないからね!」と言って、MANATOがその場で「俺らの夢」という思いを込めて「BF DREAMERS」と命名したフロートに全員で乗り込んだ。アリーナ外周を周りながら「Be Free」を歌い、「First Step」では大量のタオルが舞った。RYOKIが「今日という日は1日だけ。あっという間に終わっちゃうんだよ?」と言うと、MANATOの透明な歌声が響き、二度とない瞬間の尊さを歌った「Moment」へ。LEOがRYUHEIの肩を抱き、〈目を逸らさず 確かめ〉と歌うと、RYUHEIは嬉しそうにLEOの目を逸らさずに見つめる。その後RYOKIがRYUHEIの隣に来て、おどけるような表情をRYUHEIに向けた。今だけの瞬間を7人が心底楽しんでいることが伝わってくる。

 MANATO、RYUHEI、JUNON、LEOの歌声に5万人が酔いしれたユニット曲「Softly」、時にシルクのように柔らかく、時に棘のように刺す7人の歌声が交錯した「SOS」。「Don’t Wake Me Up」ではSOTAが歌っている前でMANATOとRYOKIがいたずらっ子のような動きをする等、ドームでもBE:FIRSTは自由だ。サビで7人が一斉に高くジャンプをし、ドームが揺れた。

 サングラス姿のRYOKIが「初めて東京ドームに立つアーティストが史上最強に暴れてやろうと思うんだけどどう思う?」と挑発し、SOTAとSHUNTOとのユニット曲「Spin!」に雪崩れ込んだ。「Spin!」組以外のメンバーが運転する3台のバギーに分かれて乗り込み、ラップをかましながらアリーナエリアで縦横無尽にパフォーマンス。SOTAの情感たっぷりのラップでもって「Salvia」へバトンタッチ。表現力の権化のようなRYUHEIの歌が5万人を圧倒し、7人それぞれの立っている場所がリフトアップし、7つの小さなステージが出現。最後RYUHEIが〈この空に溶けた〉と歌ってゆっくりとサングラスを外し、艶やかな視線をオーディエンスに送り、「Salvia」は幕を閉じた。

 7人のハイトーンボイスと軽やかなステップが交差し、切なさを極限まで高めた「Grow Up」から一転、「Smile Again」でドームは春風が吹いているかのようなムードに包まれた。7人が乗ったステージがアリーナ席の上をムーブ。できる限りたくさんのオーディエンスの近くに行こうという思いを溢れさせながら、BE:FIRSTと5万人の出会いを祝福するかのように銀テープが舞った。

 プレデビュー曲「Shining One」。RYUHEIが〈Shining One〉と歌う前でSOTAとSHUNTOが嬉しそうに拳をぶつけ合った。SOTAが2番に入る前、「やっと来たよ、BESTY!」と感慨深げに口にしたと思ったら、RYOKIは〈もうすぐ追いつく あの日目にした東京ドーム!〉と歌詞を変えてラップ。約束の地、東京ドームで始まりの曲「Shining One」を歌う7人の姿が眩しい。RYUHEIが「アウェイな場所も乗り越えて、東京ドームというホームで皆さんと顔を合わせられたことを本当に嬉しく思います。ここはゴールじゃありません。もっと先に一緒に歩いていきたいです。力を貸してください!」と言った後、溢れた涙を拭いながら、「僕、こんな良い人生、生まれ変わっても歩めません!」と叫んだ。その後7人はぎゅっとかたまって、誇らしげに右手人差し指を掲げた。

 スクリーンにLEOが映り、「今日この瞬間だけ、僕たち7人に3分時間をください」と丁寧に断りを入れてから、7人からのSKY-HIへのメッセージ映像が流れた。SKY-HIが勇気と危機感を持って【THE FIRST】を立ち上げなかったら今の自分たちは存在しない。心からの感謝の気持ちとこれからを約束する言葉がそれぞれの口から語られた後、【THE FIRST】のテーマソング、「To The First」のイントロが流れた。SHUNTOが〈あの日夢物語と笑われた その夢を超えるため走り出そう〉と歌い、今まさに夢を超えていこうとする7人の姿が目に入った。JUNONが〈その炎を燃やせ〉と歌い、ステージから勢いよく炎が上がった。

 後半戦はバンドセットだ。ヘビーなバンドアンサンブルが轟き、「BF is...」へ。MANATOの美しくも勇猛なボーカルが、再び狼煙を上げる。熱気が充満する中、SHUNTOが「これなしじゃ終われねえだろー!!!! 」と体を前に倒しながら叫び、「Brave Generation」。MANATOは背中を向け、自らが着用したライダースジャケットのバックに刻まれた「SINGING FROM THE EAST SIDE TO THE WEST SIDE」というメッセージをアピール。RYOKIは〈不安定を謳歌して シナリオ踏み付けろ〉と歌ってカメラを指差し、「この先が見たいんだろー!!」と絶叫。7人の熱が混じり合うことで無限に熱が高まっていくようなケミストリーが生まれていた。

 MANATOが英語で曲紹介をし、「ONE PIECE CARD GAME×BE:FIRST COLLABORATION SONG」として書き下ろされた「Set Sail」を初披露。SHUNTOの〈Pull the triger〉もばっちり決まり、7人とオーディエンスでヘッドバンギング。早速、即効性の高さを見せつけた。不穏なベース音が聴こえ、「Betrayal Game」へ。色気も迫力も野性味も切迫感も……観る度に全方位が進化している「Betrayal Game」だが、ドームでも最新形を見せつけた。RYOKIの声をからさんばかりのシャウトと共に「Scream」へ。JUNONはライダースをはだけさせ、ほぼタンクトップ姿ですごんでみせる。RYOKIの高らかな笑い声、圧巻のダンスブレイク、SHUNTOのデスボイス──熱狂の中、7人がアリーナ中央のセンターステージから花道を歩いてメインステージに戻る途中、SOTAとRYOKIが激しくアジテートすると5万人が腕を突き上げ、冷静にさせることをはばむSHUNTOの絶唱が響いた。

 スクリーンには2年4か月にわたるBE:FIRSTの軌跡を追った映像が流れた。2021年11月6日、初のワンマンライブの翌日。SKY-HIが7人に「3年以内にドームツアーをやる。そのためには腹を括って誰もが納得できるアーティストにならなきゃいけない」と告げる映像に、BE:FIRSTがこれまで成し遂げてきた偉業をメンバーの言葉とともに振り返る映像が続く。数々の悩みや葛藤を経て辿り着いた東京ドーム。ピアノの旋律が聴こえ、「Grateful Pain」へ。7人がこれまでの痛みを綴った直筆の歌詞がスクリーンに映し出され、思いを込めた歌が重なることでドームは歓びで満ちていった。

 SOTAが「やっとだよー、みんな! こんな最高のドームができるなんて思わなかった」と笑顔で叫んだ後、「この曲をドームでやる日が来るなんて。もっともっと思い出を作ろう」と言って、「Kick Start」へ。「THE FIRST」の合宿クリエイティブ審査をきっかけに生まれた曲だが、この日披露されたのは、7人を含む合宿の参加者が3チームに分かれて作ったオリジナル曲「“A” Life」と「Good Days」と「YOLO -You Only Live Once-」をリミックスしたバージョン。居場所もなく、行く当てもなかった7人が紡いだ言葉が、フロートに乗って肩を組んだり、手を振ったり、抱き合ったり、「ありがとう!」と叫ぶ満開の笑顔の7人によって5万人に届けられた。

 RYOKIが「もう終盤じゃない?」とSHUNTOに問いかけた後、「タオルを振って」と言って、「Great Mistakes」へ。MANATOは嬉しそうに〈この瞬間にI’m ready〉と歌った後、「最高です! 僕たちにドームという景色を見せてくれてありがとうございます」と言った。最後は7人で勢いよく花道に駆け出し、センターステージで抱き合ってひとつの塊になり、口々に「楽しい!!」と叫んだ。

 バンドサウンドが映えた「Bye-Good-Bye」。RYOKIのラップバートでSOTAが踊りまくり、SOTAのラップパートではRYOKIが踊りまくり、SOTAは〈ありがとう!〉とラップし笑顔でRYOKIを抱き寄せた。RYOKIが「俺ら、ライブが始まる前にスタンド最後列も一番端っこも真ん中も全部座ったんだから! みんながどういう気持ちで俺らのこと見て音楽楽しんでくれてるかわかってるから!」と誰ひとり置いていかないことを公言。SHUNTOはムービングステージの上で、「どうよ? このステージ! 近くない?」と満足気な表情を浮かべた。

 ひとりひとりが真摯な言葉を吐露したMCタイムは、最年少のRYUHEIから始まった。RYUHEIが「14歳でオーディションを受ける前、僕は皆さんが思ってるより普通の帰り道を歩いていただけでした。どんな人生を送っても悔いはないと思ってたんですが、皆さんの顔を見て、もっと会いに来てほしいなって思ったし、もっと会いに行きたいって思ってます」と言うと、SHUNTOが「はぁ~!」と大きく息を吐くような声を出し、満面の笑顔で「ほんとに! 音楽辞めなくて良かったー!」と言ってステージに倒れ込んだ。「俺、音楽始めた時、こんな幸せな気持ちになれるなんて一ミリも思ってなかったよ。ただ漠然とドームという夢を持ってここまで進んできたけど、このメンバーがいたから、THE FIRSTがあったから、ここにいてくれるBESTYがいるから、今がとんでもなく幸せと思ってます! マジで!」と叫んだ。

 SHUNTOのMCを聞きながら涙を流していたSOTAは「7人が大好きだよー!」と絶叫。「死ぬまで7人で音楽を続けていきます。小学生みたいに突っ走って、いろんな夢を死ぬまで叶え続けたい。最高のBE:FIRSTを輝かせ続けるので、BESTYも存在し続けてください。7人と同じくらい愛してます」

 MANATOは「ドームは夢のひとつだったので決まった時は嬉しかった。周りからは『早いね』って言われたけど、これぐらいのスパンでドームに行かなきゃ日高さんがBE:FIRSTを作った意味がないという責任を感じていた。でも、みんながついてきてくれて、この景色を7人で観ることができて悔いないです」と言って、責任を果たせたことに対して安堵の表情を見せた。

 RYOKIは「俺は幼い頃から芸能界にいて、ずっと一人で孤独に活動してきました。根拠のない自信も根拠のある自信もあって、自信をつけるためにいろいろな努力をしてきた。俳優としてもアーティストとしても一人で大きな場所に立てると思ってたけど違いました! こんな最高の7人に出会えるなんて想定外だった! こいつらがいなかったら僕はいなかったし、みんながいなかったらここに立ててません。この先が見たい人? ついてこい!」と、気合の入った表情を見せた。

 LEOは天を仰いで涙が流れるのを堪えている。言葉を振り絞るようにして「幸せです」と言った後、「仲間がいて日高さんがいて、目の前にBESTYがいて。辛かった日々もあったけど、BE:FIRSTになって、(スタンド席を指差しながら)あの頃あそこに座って見てた夢が今日叶いました。世界一幸せです! 生んでくれてありがとう!」って言って、頭を垂れて高々と右手を上げた。

 JUNONも涙で言葉が出ない。「ここに来る前にたまたまオーディションの3次審査の待ち合わせの場所を通った。そこからまさか3年でドームに来れると思ってなかった。BESTYはもちろん、日高さん、BMSGのスタッフ、関係者の皆さんに支えられたおかげです。まだまだ俺らは先に進みます。『それは奇跡だよ』って言う人がいたとしても、こいつらは必然的にここに立ってるって証明して、BESTYを絶対幸せにするからついてきてください!」と言って、深々とおじぎをした。

 ドームが感動で包まれる中、「Glorious」が歌われた。作詞を手がけたLEOが〈これ以外なかった 精一杯だったんだ 泥まみれの昨日の僕ら〉と歌うと、SHUNTOが〈何万回泣いて その涙を抱いて 君と見てた夢があった〉と続ける。泥まみれになって涙を抱きながら、夢に向かって本気で切磋琢磨してきたBE:FIRSTだからこそ歌える曲だ。LEOが「最後に7人からの贈り物です! 聴いてください!」と言って、「Message」へ。LEOが「あなたの声をここまで届けてください、せーの!」と号令をかけると、5万人の「ラララ」という歌声が響き、7人が愛おしそうに耳を傾ける。RYOKIが「最高だよ! 受け取ったよ」と伝え、LEOが「世界一幸せだよー!」と叫び、最後はバンドの音に合わせて7人でジャンプをして締め括った。

 すべての持ち曲に加え、新曲「Set Sail」も披露した。スクリーンに今日のライブ映像と共にスタッフクレジットやセットリストが流れ、これでフィナーレかと思うと……「M29 Masterplan」という文字が映った。オープニング映像に重なる「すべてはあの時から決まっていたことだったんだ」というMANATOの声。三味線の旋律がオリエンタルなムードを高めるヒップホップチューン「Masterplan」が初披露された。コレオを手がけたのはSOTAとReiNa、作曲はRyosuke “Dr.R” Sakai。つまり、「Mainstream」と同じ座組だ。大量の桜吹雪が舞う中、メンバーのルーツとメイド・イン・ジャパンであることを大事にしながらも世界に照準を合わせた「Mainstream」の進化系のような意義深い響きを「Masterplan」は放っていた。

 感動と興奮の東京ドーム公演から約1か月半、ドーム公演のファイナルにあたる京セラドーム大阪2日目のステージに立った7人はドームアーティストとしての貫禄を漂わせながら、さらに磨き上げられたパフォーマンスを見せた。高いクオリティを担保しながら、7人それぞれがまた新たな表情を宿した歌/ラップ/ダンスを見せることで生まれる化学反応は、まだまだBE:FIRSTが発展途上であることを示していた。

 「Set Sail」ではMANATOがけん引する形で、熱気あふれるコール&レスポンスの応酬が巻き起こった。「Scream」の終盤、SHUNTOがステージに膝を付けて歌を轟かせた後、RYOKIは「俺たちの歌を世界に轟かせてやるよ! お前らの声と共に!」と叫び、SOTAは「次は世界だぞ!!」と宣言。いよいよ世界が近づいていることをひしひしと感じさせた。

 「Bye-Good-Bye」終わりで、LEOの「本当終わりたくないね!」という発言を皮切りに、ドーム公演が終わることを名残惜しむ言葉が口々に発せられた後、7人それぞれのMCタイムへ。

 RYUHEIは「僕の人生を豊かにしてくれたのは間違いなく周りにいるみんなのおかげだし、こんなに自由さを求めて音楽をやることは今までなかったので、皆さんの愛がすごく嬉しいです。皆さんの愛に助けられてます。僕はこれからももっと上を目指す仲間を持っているのでまだまだ頑張ります!」と言って充実した表情を浮かべた。

 SHUNTOは満面の笑顔で「最高の宝物をありがとうございます!」と言って、おじぎ。「あっという間にオーラスに来ちゃったね。毎日この7人とBMSGのみんなと過ごしてて宝物の日々なんだけど、そういうちょっとした宝物もこういう特別な宝物もひとつずつもっと増やしていきましょう。もし世界一ってみんなに認めてもらえるようになった時、数字だけで取った1位じゃなくて、俺たちの関係性が世界一だからしょうがないって言わせてやろうぜ! いつまでも愛してます!」

 SOTAは体を回転させながら何度も「ありがとう」と口にした。「俺今、今までで一番楽しいし、今までで1番ウキウキしてるんだよね。寂しいとか悲しいっていう感情は押しつぶして、もう明日にでもこの最高のメンバーとまた音楽を作って、次はどんな広いところでライブをして、BESTYに会えるかなとか、世界に行ってもまた新しい夢ができちゃうんじゃないかなとか思って。いつまでもこの最高なファミリーでパーティーし続けようぜ!」と言って、本日何度目かわからない「愛してるよ!」という言葉を叫んだ。

 MANATOは「BE:FIRSTになってからの方が他のアーティストのステージを見る機会が増えたんだけど、音楽的に楽しめる瞬間が自分としては一番喰らう瞬間。BESTYの皆さんの顔を見てると俺と一緒の気持ちでいてくれてるんだなってことが伝わってきます。ドームに立った瞬間は僕の夢が叶った瞬間でもあり、次の夢が見つかった瞬間にもなりました。自分の好きなものを見つけてその場所に行くことが一番充実したことだと思うから、みんなにはマジで感謝とリスペクトしかない。また会えるように僕たちも頑張るから。少し待っててください、っていうのはおかしいかもしれないね」と言って少し照れ臭そうな表情をした後、「すぐに会いに行きます! 約束します!」と誓った。

 RYOKIは決意を固めたような顔で、「自分の体なんてどうでもよくて。俺が体を止めたら、歌うのを辞めたら、 この一瞬がもったいなくなる。俺の心臓が止まるまで音楽と人生捧げてやるよ! それは憧れ? 概念? 違う。人間対人間だから。一緒に素敵な人生を過ごしていこうよ。いつでも待ってるし、どんな瞬間も来てくれたらもったいなくさせないから!」と伝えた。

 LEOは「小さい頃は2位になりたいって思うことが多くて勝手に1位に距離を置いてたんだけど、THE FIRSTに出会って、BMSGに入って、日高(光啓)さんに会って、メンバーに会って、BESTYに会って、順位じゃなくて唯一無二だったりオンリーワンっていうものがあるってことを実感させられてすごく生きやすくなりました」と。目を潤ませながら続けて、「ちょっとだけでもみんなにとって幸せな瞬間を作るために命がけでこれからも音楽をやっていく。お互い唯一無理の存在でBESTY(“BESTY”には親友という意味が込められている)でいましょう。いつも言わないけど……愛してるよ───!!」と叫んで、くしゃくしゃの笑顔を浮かべ腕を突き上げた。

 JUNONは感慨深さを滲ませながら、「アリーナツアーが始まった時はアリーナすらも大きく感じるほどだったんですが、今やドームに立ってるなんて本当にありがたいし、マジで感謝してます。マジで楽しかった! 次はこれよりも楽しくないと満足できないじゃん? だからこれより楽しいものを作ってくんだけど、俺らはマジでうるさいし、マジで自己中集団だけど、その分本当に音楽で恩返ししていくんで、これからもよろしくお願いします!」と口にした。

 7人で深々とおじぎをした後、感謝とさらなる未来への思いを込めて「Glorious」を歌った。「Message」を終え、ステージに設置された檻から出てきたバンドメンバーとがっちりハグ。オフマイクでメンバーからこの日一番の「ありがとうございました!!!」が届けられ、エンドロールを挟んでの「Masterplan」。〈期待通りじゃ物足りない 想像以上が当たり前 ゴールにはまだ早い〉という歌詞に説得力を宿すべく、より研ぎ澄まされた歌/ラップ/ダンスでオーディエンスを圧倒。BE:FIRSTはまだまだ大きくなる。次は世界だという確信がドームを包み込んだ。


Text by 小松香里
Photo by 田中聖太郎
Photo by ハヤシマコ


◎セットリスト
【BE:FIRST LIVE in DOME 2024 “Mainstream – Masterplan”】
2024年3月2日(土)東京・東京ドーム
2024年3月3日(日)東京・東京ドーム
2024年4月20日(土)大阪・京セラドーム大阪
2024年4月21日(日)大阪・京セラドーム大阪

01.Gifted.
02.Mainstream
03.Move On
04.Milli-Billi
05.Boom Boom Back
06.Be Free
07.First Step
08.Moment
09.Softly
10.SOS
11.Don’t Wake Me Up
12.Spin!
13.Salvia
14.Grow Up
15.Smile Again
16.Shining One
17.To The First
18.BF is…
19.Brave Generation
20.Set Sail
21.Betrayal Game
22.Scream
23.Grateful Pain
24.Kick Start
25.Great Mistakes
26.Bye-Good-Bye
27.Glorious
28.Message
29.Masterplan

https://open.spotify.com/playlist/4iqNrIRrbr8nlhEWIASi0p?si=73c7895341d74c64